2018年08月13日

畑の肉で、元気回復!がんもどきの簡単レシピ!

こんにちは。
やまのぶー子です。

今年の夏は本当に、本当に暑い!!
あまりの暑さにクーラーの温度を下げ、過ごす。
そのあと、外にでて、また、クーラーの中に戻る。
といった日常で、すでに夏バテ気味で、ごはんをあんまり食べられない!
というお客様のお声をよく聞きます。

ぶー子も同じくちょっとお疲れ気味です。

でも、主婦はこういうときこそ、夕ご飯の腕の見せ所です!
今日も身体にいい料理レシピをご紹介します!

「がんもどきと野菜のさっぱり和え」


材料 (1人分)

がんもどき 1個
サラダごぼう1/2本
おくら 2本
塩 小さじ1
みりん 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
さとう 大さじ1


作り方
1 がんもどきを薄切りにし、フライパンで炒めます。
表面がカリッとしてきたら、みりん、しょうゆ、さとうを入れよくまぜあわせます。



2 沸騰したお湯の中に、食べやすい大きさに切ったごぼうを、塩と一緒に入れて柔らかくなるまでゆでます。


3.おくらは、面取りなどの下処理のあと、塩を入れて沸騰したお湯で軽くゆでます。

4最後にすべてまぜあわせたら、出来上がりです。


甘辛のがんもどきに、さっぱりとした、野菜!
まるで、ベジタブルスティックをつまんでいる感覚です。

がんもどきの大豆は、国産の(フクユタカ)を100%使用しています。

野菜等の原料も全て国産です。


さらにこだわりがあり、揚げ油は、非遺伝子組換のオーストラリア菜種を日本で搾油した物です。
その中でもさらに、一番絞りですから美味しく揚がっています。


実際開封した際にも油っぽさはなく、匂いもありません。

がんもどきは、畑の肉と呼ばれるくらい良質なタンパク質がしっかり入っています。


毎日少しずつ食べておくことにより、ビタミン、ミネラル、食物繊維もしっかり吸収できます。

真夏の食欲の出ない時期でも、一品で簡単に栄養が補給できるのはありがたいですね。


ぜひ、安心、安全ながんもどきで厳しい夏を乗り切りましょう!  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2018年07月30日

暑いからこそ!火いらず料理!!

こんにちは。
やまのぶー子です。

暑い!がまるで、合言葉のように口をついてしまう今日この頃。

みなさん、夏バテ大丈夫ですか?

キッチンにたっていても、汗がダラダラでてきてしまって、調理している間に食べる気力がなくなってしまう方も結構いるのでは、ないでしょうか?


たまには、美味しいものを、火を使わずにサクッとつくってしまうのは、いかがでしょう?


炊飯器ひとつであっというまに炊き込みご飯です!

使うお米の量は2合!


この炊き込みご飯の素を熱湯に約3分いれます。

あとは炊き上がったご飯に、混ぜ込むだけ!

たったそれだけなんです!


この炊き込みごはんの素「鶏めしの素」は、大分県の郷土料理なんです。


中身はとてもシンプル!
国産の鶏肉とごぼうのみ!

とってもシンプルな中身なのですが、これがまたおいしさの秘訣!

しっかりと味がしみこんでいます。



調味料は、保存料・人工甘味料・着色料をつかわずに作ってあるので、安心して食べていただけます。

ごぼうには食物繊維がたっぷりはいっていますし、鶏肉には、疲労回復効果や、ビタミンなどもしっかり含まれていますので、夏の食事にはぴったりのメニューです。

ぜひ、ご活用ください!








  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2018年07月16日

さっぱり、簡単赤しそ茶漬け

こんにちは

やまのぶー子です。

暑い~!とタオルを首に巻いて家事をする日が増えてきました。

ついつい冷たい飲み物ばかり飲んだり、冷房をつけたままで睡眠したりするなど、身体を冷やし過ぎてしまうシーズン到来です。

今日は、なんだか身体の調子、胃腸の調子がよくないときにおすすめの簡単メニューをご紹介します。

「赤しそとこんぶのお茶漬け」


材料(1人分)

・しそもみじふりかけ 大さじ1
・ご飯       茶碗1杯
・こんぶの佃煮    少々
・お湯       適量

作り方

① ご飯にしそもみじをかけて、昆布をのせる


② お湯をかける

③ できあがり




レシピというレシピではありません。

体調がつらく、食べたくない、きついなぁ・・。というときは3秒くらいでできるメニューがいいですよね?

この「しそもみじ」という赤しそのふりかけは、こだわりの品なので、お茶漬けのあじも塩辛くなく、ほんとうに自然の赤しそを食べている感じです。


「しそもみじ」は


着色料・酸味料・化学調味料は一切使用していません。

そのため、お湯に浮かべても、決してきれいな赤色のお湯になったりはしません。

ちょっと黒っぽい感じの湯の色になります。

素材そのものの色なんです!


アントシアニン成分がしっかりはいっていますので、目の疲れが取れやすく、粘膜の修復のお手伝いもしてくれます。

そのため、ちょっと疲れた胃なども、休めてくれます。

暑くて、暑くて、食欲不振…といった場合には、冷たく冷やしたお茶で冷やし茶づけでもおいしいですよ!


お試しください!



  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2018年06月25日

もちぶた夏バテ予防ハンバーグ!

こんにちは。
やまのぶー子です。

梅雨の季節、みなさんいかがお過ごしですか?

個人的には晴れが大好きですが、雨も農作物が育つ上でとても大切だと思うと、楽しもうと思えますよね。

今日は、お子様からも大人からも大人気の、時間短縮簡単メニューをご紹介します。

「もちぶたハンバーグのズッキーニソース」


材料(2人分)

・もちぶたハンバーグ 2個
・油       大さじ3
・ズッキーニ   1/2本
・ケチャップ  40g
・塩    少々
・こしょう  少々
・コンソメ  小さじ1
・砂糖   大さじ1


つくり方

①フライパンに油を大さじ1いれてハンバーグを両面焼きます。

②ズッキーニを小さめのサイコロ切りにします。


③フライパンに油を大さじ2いれてズッキーニを炒めます。
しなっとしてきたら、塩、こしょう、ケチャップ、コンソメ、砂糖をいれて炒めます。


④焼きあがった①の上にかけたらできあがりです。



荒挽きのもちぶたの食感がのこる、しっかりとしたジューシーハンバーグです。
豚肉特有の臭みもまったく感じません。

もっちりとした感じのハンバーグになります。

ハンバーグって、忙しいと、なかなか手作りする時間がとれなかったりします。
そんなときに、湯煎などで温めるものはちょっと・・・。
と思われる方には、とても重宝していただけるものだと思います。


ハンバーグソースのなかに、旬の野菜、ズッキーニをしっかり使うことによって、簡単に野菜の摂取もできます。

越後のもち豚は、しこしことした肉本来の食感を保ちつつ、みずみずしく「きめ」の細かい柔らかさが特徴的な豚肉です。

自家配合飼料、良質なコーンや大豆ミールの蛋白質で旨みのある豚肉です。ほんのりとした甘みが脂から感じとれます。


夏の疲れを落とすのには、ビタミンB1がたくさん含まれている豚肉がおススメです。

ズッキーニにも、ビタミンCがたっぷり含まれいたりカリウムがたくさん含まれていたりするので、余分な塩分も排出してくれてむくみ予防や高血圧予防になります。

ぜひ、短時間でおいしい料理にチャレンジしてみてください♪

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2018年06月11日

愛知の野菜「かりもり」のさっぱり煮物

こんにちは。
やまのぶー子です。

先日テレビを見ていたら、“おふくろの味”というものを特集していました。

そのとき、ぶーこがふと思い浮かべだのは、“かりもり”をつかった料理でした。

夏になるとよく食卓にならんでいたのを思いだしました。

そこで今日は、“かりもり”を使った料理をご紹介します。


「かりもりのそぼろ煮」

材料(1人分)

かりもり 1/8個
肉ミンチ 100g
しょうゆ 大さじ3
みりん  大さじ2
砂糖  大さじ2
白だし  大さじ1


つくり方
①かりもりの皮・たね・わたを取り除き、一口大の大きさに切ります。



②なべにかりもりとひたひたの水と白だしをいれ、やわらかくなるまで煮込みます。



③やわらかくなったらミンチをいれ、アクを取り除きながら、しょうゆ、さとう、みりんで味付けしたらできあがりです。



ちょっと薄味で仕上げてあります。
かりもりのさっぱり感を残したおかずメニューです。




かりもりは愛知県を中心に作られてきている瓜の一種で、「あいちの伝統野菜」にも認定されているそうです。


まさしく愛知の母の味なんですね。

冬瓜ほどやわらかくもなく、みなさんお漬物にしたりすることが多い野菜です。



主な栄養成分としては、ビタミンC、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。

これからの季節に失いやすい、ビタミンCやカリウムの補給にはぴったりのお野菜です。


ぜひ、色々とお試しください。
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ