2019年03月18日

シンプル!それが一番のプレミアム!


こんにちは。

やまのぶー子です。

桜のつぼみが膨らみはじめ、開花まであとわずか!

春の訪れがとってもうれしいぶー子です。


突然ですが、みなさん朝ごはんは、何派ですか?


和食派?洋食派?シリアル派?
以前新聞で、朝起きられないという理由で食べないまま学校に行ってしまう子供さんも結構多いと読んだことがあります。


その為、最近では手軽に食べられる、シリアルがとっても人気で種類もたくさん販売されるようになりました。
その中でも最近よく売れているシリアルを今日はご紹介させてください。



とってもシンプルなパッケージのこちら!

“プレミアムコーンフレーク ビターチョコ”

えっ?と感じたかたも多いのではないでしょうか?


シンプルですよね?パッケージ!
私も初めて見たときには驚きました。
あまりにもシンプルで・・・。


このごろのシリアル系のパッケージは明るめの鮮やかな感じのものが多く、逆に売り場では、シンプルなものが目立つくらいです。



中身はしっかりとした、黒いコーンフレークが入っています。
洋菓子店で使うような、高級なココアパウダーとココアバターが使用されているそうです。


コーンフレーク自体は、北海道産全粉乳を使用してある、甘さ控えめのコーンフレークが使われています。



今まで食べてきているコーンフレークのチョコ味とは違い、本当に甘さ控えめです。
でもしっかりチョコの味、ちょっぴりビターなココアの味は感じられます。


コーンフレークは、かりっとしたタイプで、牛乳にしばらく浮かべておいてもすぐにシナシナした感じにはなりません。


そこが私の好きな部分でもあります。


朝から甘すぎるのはちょっと食べられない・・・という方でも、食べやすい甘さだと思います。




ほかにも、プレーンやいちごなど種類がありますので、
ぜひ、好きな種類で食べてみてください!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年03月04日

今が旬の“菜の花”をちょっとおしゃれに・・・

こんにちは。
やまのぶー子です。

暖かい日が少しづつですが増えてきました♪

梅の花もすこしずづ開花しはじめ、春の足音がすぐそこまできていますね!

今日は、夕食の食卓にぜひ、一足早い春を感じてほしいと思い、
“菜の花”を使ったレシピをご紹介しようと思います。

「菜の花のチーズ巻き」


材料(1人分)

菜の花  2本
生春巻きの皮 2枚
ビアソーセージ 4枚
クリームチーズ 4個

作り方
① 菜の花は沸騰したお湯に少し塩を入れてから約1分ほどゆで、氷水の中で冷やします。




②①の水をよくしぼり、生春巻きの皮の上に、
ビアソーセージ、クリームチーズ、菜の花と順番に並べます。



③②をくるくると巻き、最後は水でペタっと止め、食べやすい大きさにカットしたら出来上がりです。


菜の花特有の苦味が、クリームチーズと一緒だととても食べやすくなります。
お酒のおつまみにもぴったり♪

なによりお手軽で簡単なので、急な来客でも対応しやすく
旬を取り入れることによって、料理上手度UP!

菜の花というと季節的な野菜という印象が強いのですが、
カリウムや鉄分などのミネラルが他の野菜より多く、
ビタミンCはほうれん草の3倍以上、β-カロテンはピーマンの5倍あるという
栄養価の優れた緑黄食野菜なのです。

鉄分や食物繊維がたっぷりなので、
妊婦さんや、貧血症の方にはおすすめのお野菜です。


なかなか、1回で使い切れないのよね・・・。という奥様に
ぜひ試していただきたい保存方法は、
湿らせた新聞紙かキッチンペーパーに包んで、
冷蔵庫の野菜室に保管すれば2~3日は日持ちします。
さっとゆでたものをラップにくるんで冷凍すると長期間保存可能です。


旬の季節に多めに購入して冷凍保存するのをおすすめします。

ぜひおためしください。
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年02月11日

お手軽簡単 ノンフライ麺で健康ラーメン!!

こんにちは。
やまのぶー子です。

今年はインフルエンザが、全国的に猛威をふるっているとニュースで話題になっていますね。

ぶー子も栄養と睡眠には、できる限り気をつけていますが、みなさんは、いかがですか?

お正月もおわり、ついつい、体への脂肪の蓄積が気になる今日この頃。
そんなぶー子が今、お腹いっぱい食べたい時にハマっているメニューをご紹介します。

「野菜たっぷりノンフライみそラーメン」



材料(1人分)

有機ノンフライラーメン 1袋
一人鍋用やさい 1袋
豚こま肉 60g
みそ鍋用みそ 80g
水 200cc

作り方
① 鍋に水と野菜をいれよく煮込みます。

②野菜がしんなりしてきたらこま肉をいれて煮込みます。


③その後みそをいれ溶かし、麺をいれて
約2分。お好みの固さまで麺を茹でたらでき上がりです。





一人鍋のイメージで簡単につくることができます。
野菜を刻むことをしなくてもOKなので、お料理の苦手な方でも楽々調理♪

ノンフライ麺のため、カロリーも低く、胸焼けなどの心配もありません。

コレステロール・トランス脂肪酸はゼロですので、コレステロールや油が気になる方にもおすすめです。



麺には、北米産有機小麦と瀬戸内海の塩のみを使用しているそうで、
かん水・澱粉などのつなぎや卵白など動物性原料不使用となっています。

添加物やアレルギーの気になる方でも安心ですね。

今回はラーメンのレシピをご紹介しましたが、

鍋で沸騰させたお湯に麺を入れ、ほぐしながら約3分半程煮て(麺の固さはお好みで茹で時間を調整して下さい。)

湯きりをして、やきそばや、サラダ麺にもご利用いただけます。



麺は、乾麺のなかでも、生麺に近い食感です。
スープなしなので、鍋料理のあとの〆のラーメンにもおススメできます。

健康や体重がちょっと気になる方!ぜひおためしください!


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年01月21日

国産安心レモンで、ぽかぽか♪お鍋♪

こんにちは。

やまのぶー子です。

乾燥する日が続いていますが、
みなさん体調管理は万全ですか?

風邪対策に私も必死になっている今日このごろです。
睡眠をしっかりとることと、やはり食べ物でビタミンCなどをしっかり摂取していくことが
大切かな?と思い日々の夕食メニューもすこし意識して献立を考えています。

その献立のなかで、みなさんにおすすめのメニューを
ご紹介します。


「ポカポカ♪レモン鍋♪」

材料 (1人分)

・レモン 1/2個
・白菜 3枚
・ちゃんこ鍋のもと
・鶏肉ムネ肉 30g程度

作り方

①レモンと白菜を好きな大きさにカットします。




②鍋に適量の水と白菜と鍋のもと、レモン、鶏肉をいれて煮込みます。



③お肉に火がとおり野菜がしんなりしたらできあがりです。



酸味はさほど強くなく、
さっぱりとした味わいの鍋になります。

皮ごとレモンをいれても、苦味はありません。

塩分控えめの鍋をご希望の方でしたら、鍋のもと自体の使用量をすくなめにして
変わりにレモンをたくさんにすると、味がしっかりしていておいしい鍋になります。



レモン=外国産・農薬の使用量が多い
というマイナスのイメージをされると思います。

国産のおいしいレモンもつくろう!と
立ち上がったのが、広島県にある瀬戸内海地区でした。



島の土地の半分が傾斜地で日当りがよいことと、
夏の降水量や年間の降水日数が少ないという瀬戸内特有の温暖な気候が、
寒さや風に弱いレモンの栽培に適しているので理由です。



レモンに豊富に含まれるビタミンCは、
免疫力をアップさせて風邪を予防したり、ストレスに対する抵抗力を高めたり、
健康の維持に役立つビタミンです。
それだけではなく、
抗酸化作用で肌の老化を防ぎ、シミの原因となるメラニン色素を抑える効果もあります。
にきび肌の方にもおすすめです。

ビタミンCは、熱に弱いので、あまり長時間加熱することは
おすすめできません。

風邪予防には、とってもおすすめなので、
ぜひ、色々な場面で、生レモンをお使いいただければと思います。



  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年01月14日

ほっこり気分で風邪予防?! こめ粉で作る白いおにまんじゅうの素。



こんにちは。
やまのぶー子です。

みなさん、楽しいお正月をお過ごしでしたでしょうか?

2019年がスタート♪

気持ちがパリッとするぶー子です。

今日は、お子様と楽しみながら作れて、しかも美味しいおやつのレシピをご紹介します。

寒い日にぜひ、ご自宅でお子様とクッキング教室を!と思い
レシピを考えました!

「安納芋と米粉のおにまんじゅう」



材料(1袋分)

安納芋 2本
こめ粉で作る白いおにまんじゅうの素 1袋
お湯 適量
三温糖 50g

作り方
① 安納芋はサイコロ切りにして水に漬け込む。(30分)


② ①をゆでておく。

③ 米粉の素と②の安納芋と三温糖を混ぜ合わせて、お湯を少しづついれながら、
かきまぜ、程よい堅さでとめます。



④ 蒸し器で15分ほど蒸し上げたら出来上がりです。






米粉なので、小麦粉とちがい、もっちりとした感じで仕上がります。
花粉症体質であったり、アレルギーのある方でも安心です。

安納芋自体が甘いので、砂糖はあっても、なくても、お好みでいいと思います。


さつまいもには、ビタミンCがたっぷり含まれているので、
冬の寒い風邪を引きやすい子供たちにも、食べさせてあげたい食品です。

実際自分たちで作ったりすると、その食品を好きになるお子様もいらっしゃいます。

米粉も、必須アミノ酸をとてもたくさん含んでいる、優良食品です。
栄養価がたっぷりで、腹持ちもいいので、お子様や高齢者の方にはとくにおすすめです。



汚れることが気になるママさんでも、このおやつだったら、ボウルがあれば簡単♪

ぜひ、お子様と簡単おやつクッキングで楽しんでみてください!


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ