2017年01月16日

お疲れ気味の胃腸に。キャベツの丸ごと煮込み!

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、年末年始にごちそうを食べて、
少しお疲れ気味の胃腸にぴったりの
今が旬の、キャベツを丸ごと使ったレシピをご紹介します。

「キャベツの丸ごと煮込み」


材料(4人前)
キャベツ 1玉
合い挽き肉 180g
たまねぎ 1玉
コンソメ 3コ
玉子 1コ
塩 こしょう 少々

作り方
①  キャベツの芯の部分をくり抜く。


②  たまねぎを切りり、塩こしょうで炒める。


③ 炒めたたまねぎに合い挽き肉と玉子を加えて、よくこねる。


④ くり抜いたキャベツの中に、③を詰める。


⑤ ④のキャベツをお肉を詰めた部分を下にして鍋に入れ、
キャベツが浸るくらいの水とコンソメを足して弱火で40分煮込みます。
煮込んでいる間にスープが少しずつ減ってくるので、
途中キャベツを上下返して、葉の部分がスープにつかるようにして
じっくり煮込んだら出来上がりです。





ゆっくり、コトコト煮込むのがポイントです。
キャベツがとっても柔くなって、沢山食べられちゃいます!



キャベツはビタミンCがたくさん含まれています。
ビタミンCは抗酸化作用があるので、がん予防にもオススメです。
風邪をひきにくくもしてくれます。


また、キャベツにはビタミンUというビタミンも含まれています。


ビタミンUは胃酸の分泌を抑えて、
胃腸の粘膜を健康に保ち、
胃腸の傷ついた粘膜を元に戻す作用をもっています。


ビタミンUはキャベツから見つかった成分なので、
別名でキャベジンと呼ばれています。
胃腸薬でも使われている名前で、有名ですね。
年末年始明けの胃腸が疲れているこの時期に、
ぜひ食べていただきたい野菜です。

その他にも、食物繊維がたっぷり含まれいるので、
水分と一緒にキャベツをたべると胃の中で膨らみ、
満腹感があるので、ダイエットにもなります。

ココ最近ちょっと食べ過ぎだなぁ。と感じている方!
ぜひ、煮込みキャベツでダイエットはいかがでしょうか。  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年12月19日

長いものチーズ焼きで基礎代謝UP!

こんにちは。
やまのぶー子です。

冷え込みが強くなってきましたね。
今日は、風邪予防にオススメの野菜を使った
簡単レシピをご紹介します。

「長芋のチーズ焼き」(2人前)


材料
長芋 1/2本
とろけるチーズ 2枚
梅干し 2個

作り方
①長芋は皮をむき、小さめの角切りにして、耐熱皿にいれ、
サランラップをして電子レンジで5分加熱して、柔らかくする。


②梅干しは果肉部分を細かくつぶしておく。

③①に梅干しをまぜあわせ、上にとろけるチーズをのせて、

160℃のオーブンで5分ほど、焼いて焦げ目がついたら、出来上がり。



とっても、簡単です!
梅干しのさっぱりした味とチーズがとけあって、
お酒のおつまみにもぴったり。


お子さんで、梅干しが苦手という場合は長芋に
塩、胡椒とチーズというレシピに変えても美味しいですよ。

長芋は昔から、滋養強壮食材として、親しまれてきました。
あの、ぬめりが特徴ですよね。
このぬめりで手がかゆくなるかたもいます。
このかゆみは、長芋に含まれるシュウ酸カルシウムという成分が
微細な針状の結晶だからなんですって。


かゆくなる方は、あらかじめ手に塩や酢をぬっておくとよいそうです。

また、ぬめりの原因である、ムチンには、
新陳代謝をよくする働きがあり、
女性には嬉しいアンチエイジングや
基礎代謝をあげる効果もあり、若返り効果がバツグンです!

さらに、長芋には食物繊維がたくさん含まれており、
便秘や腸を綺麗にすることができます。

腸内を綺麗にする事で、成人病の予防の予防にもなります。


長いもには、たくさんのビタミンがふくまれているので
風邪予防にもおすすめの芋類です。
ただ、加熱してしまうと、せっかくのビタミンが少なくなってしまうので、
短めに加熱するか、生で食べていただくことをおすすめします。


これからの寒い季節・・・
抵抗力が弱くなりやすので、長いもをたべて、ぜひ、
滋養強壮効果を高めていきましょう!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年12月05日

かぶ菜のポカポカ鍋

こんにちは。
やまのぶー子です。

冬野菜が店頭にもたくさん並び始めました。
今日は冬野菜「かぶ菜」のあったかメニューをご紹介します。

「かぶ菜のポカポカ鍋」


材料(2人分)
かぶ菜 3株
しいたけ 4個
鶏肉 200g程度
鍋の素 2個
水 300ml

作り方
① 土鍋に鍋の素と水をいれてよくとかします。


② かぶとかぶ菜を食べやすい大きさに切ります。



③ 鶏肉も一口大に切ります。しいたけは、かさの部分に切り目をいれて、味をしみやすくします。

④ かぶの葉部分以外、すべての材料をいれて鶏肉に火が通れば(中火で20分程度)出来上がりです。



かぶの葉部分は食べる少しまでに入れて色が鮮やかになればOK!


ごんべいの里のかぶは鮮度がよく、とっても柔らかいので、
味がしみこみ、美味しいです。

かぶの白い根の部分は淡色野菜、
葉の部分は緑黄色野菜です。

生で食べると、弱った胃や食べ過ぎ、胸やけに効果があります。



煮物した場合でも、胃腸を温め、冷えによる腹痛を予防する食品として古くから親しまれています。

ビタミンでCも含まれていますので、風邪予防にも、
食物繊維も多く含まれているので、便秘予防にもオススメです。


かぶは葉も白い玉の部分も苦味が少なく、
調理しやすい野菜です。
栄養素をめいいっぱい、摂取できるように、
浅漬けや、サラダになど、生でも食べてくださいね!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年11月21日

若さも健康も!秋刀魚の甘煮

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、今が旬の美味しい魚を使ったメニューをご紹介します。

「秋刀魚とごぼうの甘煮」


材料(1人分)
秋刀魚 1尾
ごぼう 1本
生姜 1カケ
しょうゆ 15ml
みりん 10ml
酒 10ml
顆粒だし 小さじ1
砂糖 大さじ4


作り方
① 秋刀魚は、腹わたの部分を取り除き、綺麗に洗い流し三等分に切っておきます。


② ごぼうとしょうがは皮をむき、適当な大きさに切ります。


③ 鍋に、お酒、みりん、水、顆粒だし、
ごぼうと生姜を10分程度煮ます。


④ ごぼうが柔らかくなったら、秋刀魚としょうゆと砂糖をいれて、さらに、10分程度煮ます。


⑤ 秋刀魚とごぼうにしょうゆの味が、しみこんだら出来上がりです。


脂ののった秋刀魚の旨味と、しょうがの香りがごぼうにもしみて美味しい煮物になります。

秋刀魚の中には
DHAと呼ばれるドコサヘキサエン酸と、EPAと呼ばれるエイコサペンタエン酸が含まれています。


DHAは脳の発達維持・記憶力向上・脳の老化防止・善玉コレステロール増加などの効果があり、EPAは血液サラサラ・糖尿病の合併症解消・鎮静作用があります。

両方とも、体内でつくられることはない成分なので、外から摂る必要があります。

秋刀魚には、育ち盛りのお子さんから、高齢の方まで、誰もが必要となる成分がたくさん含まれています。

この2種の成分は、皮の部分に沢山含まれているので、出来るだけ皮も食べて欲しいです。


骨の部分もじっくり煮込んだり、圧力鍋で調理すると、丸ごと食べられてカルシウムの強化にもなります。

出来るだけまるごとガブリと食べるようにしましょう!
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年11月08日

ごんべいの里 ブロッコリー

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、これから旬をむかえる緑黄色野菜「ブロッコリー」を使った簡単あったかメニューキランを紹介します。

「チキンデミスープブロッコリー添え」 



材料 (3人分)

デミグラスソース 1缶
水 290ml
玉ねぎ 1/2個
鶏肉  100g
大豆の水煮  1袋
ブロッコリー 6カット
赤ワイン 150ml
塩・こしょう  少々

作り方
1 たまねぎは薄くスライスし、鶏肉は一口大にカットします。
フライパンにたまねぎ、鶏肉をいれ、赤ワインといっしょによく炒めます。


2 ブロッコリーは、少し水と塩を入れた状態でサランラップをして、3分くらい加熱します。


3 1の中にデミグラスソースと水、大豆の水煮をいれて、30分中火で煮込みます。


4 塩、こしょうで味を整え、ブロッコリーを盛り付けたらできあがりです。


グリーンのブロッコリーを添えるだけで彩りもよく、栄養バランスもぐっとよくなります。
ブロッコリーにデミグラスソースをつけて食べると、とってもおいしいですにっこり

緑黄色野菜のなかでも、栄養価が高いウィンクといわれるブロッコリー。

・美容
・ダイエット
・がん予防
・風邪予防

などなど・・・。身体にいいことばかりハート
 

ビタミンCの含有量はキャベツの3倍以上と言われていますわーい
そのビタミンCが血管を丈夫にしてくれたり、風邪予防に一役かってくれます。

それだけではなく、鉄分や亜鉛などのミネラルも豊富で、女性にはかかせない栄養素がたくさん!
 

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンと呼ばれる物質は、体内の活性酸素を除去したり、発癌性物質や有害物質を排出してくれるんです。
そのことから、がん予防にもなるといわれています。
 

他にも、骨を丈夫にしてくれる、カルシウムや、食物繊維も含まれているため、便秘改善にも期待がもてますわーい

ただし加熱しすぎると、せっかくのビタミンCが減っていってしまうので、加熱時間は、少なめにハート

電子レンジ3分加熱!おすすめします!



  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年10月31日

スープ、お鍋にも簡単手作りワンタン

こんにちは。
やまのぶー子です。

あったかい料理が食べたいなぁ〜と、感じる季節ですね!

今日はお手軽でお鍋の材料にも使える、彩りもきれいで触感の楽しい枝豆をつかったレシピをご紹介します。

「ワンタン枝豆スープ」


材料  4人分

枝豆 15粒程度
豚ミンチ 80g
コンソメ 2個
ワンタン用皮 12枚
塩、コショウ 少々
水 800ml

作り方
1. 茹でた枝豆を豆だけにします。豚ミンチと混ぜ合わせ、塩、コショウをします。




2.ワンタンようの皮に小さじ1程度の①をのせて、丸くまとめます。





3.鍋に水をいれて、②とコンソメをいれ
15分ほど煮込んだら出来上がりです。



枝豆の食感もしっかり感じられ、お肉からのうまみも溶け出して美味しいスープになります。






皮の中から、うっすら見える緑色もアクセントとなり見た目も可愛いです。

やまのぶのごんべいの里コーナーで販売されている枝豆は、枝ごと収穫しているので、鮮度が落ちにくくなっています。


枝豆は大豆が成熟する前に収穫されたもの=未成熟大豆。


食品分類としては豆ではなく、緑黄色野菜に分類されています。
意外ですよね?

枝豆を収穫せずにおいてくと大豆になるんです!


「畑の肉」と呼ばれている大豆の特徴を持ちつつ、大豆には含まれていない緑黄色野菜の成分も含んでいる栄養のある野菜です。


そのため健康に良い食べ物として、日本はもちろん世界的にも注目されています!

このメニューなら、野菜嫌いのお子様でも食べやすいと思います。


また、枝豆には、利尿作用があるので、ビールなどのおつまみで一緒に食べておくと、次の日の朝身体が楽ですよ。

運動をしていて、筋肉を作っていきたい方にもオススメの緑黄色野菜です。
ぜひ、こまめに食べてくださいね!






  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年10月17日

新米にあう!極上のごはんのお供!

こんにちは。
やまのぶー子です。

新米の季節!
今回はごはんにぴったりの商品をご紹介します。

[あおさ海苔と原木椎茸の宝物]



この佃煮、
めざましTV 『めざマルシェ』ビンコレ2011秋グランプリを受賞した商品なんです!


商品を製造している、野呂食品の原木は クヌギとナラの原木だけをつかい“農薬、化学肥料は一切使わない!”
というごだわりをもっています。

佃煮の中には1cm角くらいにカットされた椎茸がごろごろ入っています!


椎茸を噛みしめると、旨みが口の中いっぱいに広がります。

海苔にもこだわりがあり、シーズン最初の「初づみ」・2回目に摘む「 弐回潮」・シーズン最後に摘む「終り潮」と、時期ごとの旨みをたっぷり味わって頂けるようになっています。

ただのビン詰めにした保存食とあなどってはいけません!


旬の旨み、海と森の恵みをたっぷり含んだ佃煮です!

白米にぴったりです!

おすすめは「佃煮お茶づけ」です!

ご飯にこのあおさ海苔と原木椎茸の宝物をのせて、白ゴマをかけお湯をそそぐだけ!


海苔から香りたつ磯の匂いと、椎茸の旨みが、だし汁にしみこみ、シンプルなのに、とってもおいしいお茶づけになります!


お酒のあとの1品にもお勧めです!

ぜひ一度ご賞味ください!  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年09月26日

里芋と豚肉の甘辛焼き

こんにちは。
やまのぶー子です。

食欲の秋!
今日は、今が旬の「石川早生 里芋」を使ったレシピをご紹介します。

「里芋と豚肉の甘辛焼き」


材料 (2人分)
里芋 6個
豚バラ肉 1
塩、こしょう お好み量
お酒 大2
みりん 大2
砂糖 大さじ2

作り方
1.里芋をゆでて、皮をムキ、軽くつぶして、塩、コショウをまぶして、練り固めます。



2.豚のバラ肉を4枚重ねて、そのうえに、1の里芋を巻きます。




3.フライパンに薄く油を引いて、2を全面焼きます。
お肉に火が通ったら、お酒、みりん、醤油、砂糖をいれて、煮からめて、表面に照りがついたら出来上がり!




表面は少しカリッと中はもっちりの、おつまみにも、ぴったりの一品です。

実はさといもは、芋類の中でエネルギー量が一番低く、カリウムがとても多く含まれている芋です。



そのため、高血圧の方や、むくみの気になる方には、こまめにたべていただきたい食品です。



石川早生という品種の里芋は、基本的に小ぶりの小芋になります。
もっちりしていて、やわらかい里芋です。

煮物にしたり、サラダにしたり、コロッケもおいしいですよね~。
ぜひ、この時期美味しい石川早生里芋を食卓に!





  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年08月29日

純国産果汁100%無添加の有田みかんジュース

こんにちは。
やまのぶー子です。

暑い日が続きますが、食欲のないこの季節におススメの飲み物をご紹介します。

「飲むみかん」 です。


とてもかわいい瓶が印象的なこのジュース。

紀の国で栽培された「です。
よくみると、みかんの粒も入ってます。



早和果樹園さん、外皮を手作業でむいてから、搾るという工程で、飲むみかんを作っています。
だから甘みと旨みがしっかり感じられる、[果汁100%のみかん]味。
皮独特の苦味、渋みはありません。

後味はスッキリ!

そのまま、飲むのも、もちろんおいしいのですが、少しゼラチンをまぜて、つるっとしたゼリーにしても口当たりがよく、美味しいです。
これも100%果汁だからこそ、おいしいんです!

作りかたは簡単。

①飲むみかんを120ml ゼラチン小さじ1 お湯大さじ3を用意します。
②ゼラチンをお湯をよく混ぜ合わせて、飲むみかんにまぜて、冷凍庫で約2時間凍らしたらできあがりです。





おやつにも最適!
お弁当時にデザートとして持っていくのも〇。

日差しがきつい日は、ビタミンCも不足しがちになります。

ぜひ、お手軽にビタミンが補充できる、飲むみかんをご賞味ください。

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2016年08月08日

夏バテ予防に!カラフルスイスチャードおにぎり!

こんにちは。
やまのぶー子です。

暑さも本格的!
今日は暑さに打ち勝つおすすめ野菜「スイスチャード」をつかったレシピをご紹介します。

「巻いて~カラフルおにぎり」



材料 (2個分)

スイスチャード 2枚
冷凍枝豆   30粒程度(生の枝豆の場合は茹でてから使用)
ごはん    茶碗1杯程度
塩      お好み量
ごま油    大さじ1

作り方
①スイスチャードの茎の硬い部分をとります。
鍋にお湯を沸かし、塩を少し入れ、さっと茹でます。
茹でたあとは硬く水を絞っておきます。


②枝豆はさやから出し、豆の状態にして塩を少しふりかけておきます。


③ご飯にえだまめとごま油塩をひとつまみ入れ混ぜます。


④サランラップで③のご飯をまるめ、①のスイスチャードでくるっと巻き上げたらできあがりです。



お好みによっては、きざんだ大葉をまぜたり、ゆでた粒コーンを混ぜてもおいしいです。
スイスチャードは、おべんとうに入れてもカラフルで食欲をそそります。


スイスチャードってなに?と思われる方もいらっしゃると思います。


ベビーリーフを買うと、中に混ざっているカラフルな葉が、このスイスチャードの若葉です。

このスイスチャード、実はかなり優秀なお野菜なんです。

カルシウムやビタミンKが豊富。
さらに、糖質の代謝、骨の強化、疲労の除去などに役立つマンガンが豊富に含まれています。

姿、形はほうれん草に似ていますが、鉄分は、ほうれん草より豊富!
味はほうれん草より、苦味が少なく食べすい!


長時間加熱すると茎の色がぬけてきてしまうので、加熱時間を短くするのがおススメです。
葉の部分は生でもいただけます。


ぜひ、カラフルな彩りを楽しみながら色々な料理にお使いください。

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ