2017年11月13日

くるみ味噌とこんにゃくの美肌田楽!

こんにちは。
やまのぶー子です。

寒さがだんだん、本格的になり、あったかいお鍋が
食卓にならぶようになりました。

今日は、おでんにピッタリの、美味しいお味噌をご紹介します。



「こんにゃくのくるみ味噌田楽」

材料(1人分)

こんにゃく 3切れ
くるみ味噌 大さじ1
白ごま

作り方
① こんにゃくを食べたい大きさにカットします。
② 沸騰したお湯で約1分煮る。



③ 水をきって、くるみ味噌と白ゴマをかける。
④ 出来上がり。


くるみの食感と香りがしっかり感じられる味噌です。
つぶつぶしてます!お味噌は甘みそで濃厚です。
とっても美味です!


くるみには、 オメガ3脂肪酸という成分が含まれています。
オメガ3脂肪酸とは、健康のために意識して摂った方が良いとても必須な脂肪酸と言われています。

摂取することによって、血流を改善したり、コレステロール値の低下、アレルギーの抑制など多くの効果が期待されているのです。


悪玉コレステロールの減少や心筋梗塞、動脈硬化の予防、肥満予防だったり、血圧降下を手伝ってくれる成分もあります。



また、お味噌にはリノール酸が含まれていて、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。

リノール酸はオリーブオイルやグレープシードオイルなど良質なオイルに含まれることが有名です。

リノール酸には肌の保湿力を高めたり、抗炎症作用があると言われています。

もともと大豆からつくられているため、身体によいのは一目瞭然ですね!

このいいこと沢山の2種が混ぜ合わせてある、こちらのくるみ味噌はお手軽で使いやすく、味が整っているのでおススメです。

ぜひ、便利にお使いください!  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年10月30日

切って和えるだけ!簡単旬の柿サラダ!

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、秋の味覚 "柿" を使ったレシピをご紹介します。

「柿とだいこんのサラダ」


材料(1人前)

柿 1/2個
大根 2センチ程度
かいわれ 少々
オリーブオイル 大さじ1
塩  少々
ブラックペッパー 少々

作り方
① 柿は皮をむき食べやすい大きさにカットする。


② 大根はおろしておく。

③ オリーブオイルに塩とブラックペッパーをいれてまぜる。


④ かいわれは切っておく。

⑤ すべてあわせたら出来上がり。




柿の甘みが大根おろしの辛味でさらに際立ちます。
口のなかでさっぱりとおつまみになる1品です。
特に種無しの柿なので、調理もしやすく、食べやすいです。


柿には、タンニンという成分が含まれていて、アルコールの吸収を妨げてくれる働きがあります。
そのため、おつまみに柿をたべると、悪酔いしにくく、次の日にも残りにくくなるといわれています。

そのほかにも、ビタミンCやビタミンAが多く含まれていて、風邪の予防にもおススメの果物です。


食物繊維も、たくさん含まれているので、これからの季節、水分摂取がへり、便秘になりやすい体質のかたには、ぜひ食べてほしいです。
ただし、食べ過ぎると逆の効果がおこりやすいので、気をつける必要はあります。

そのほかにも、タンニンは鉄の吸収も妨げる働きもありますので、妊婦さんや貧血症のかたは、少しづつ食べるのをお勧めします。



ジュースにしたり、干し柿にもできるので、昔から民間療法にもよく使われてきました。

風邪がはやりやすいこれからの季節、柿はぜひおススメです。


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年10月16日

秋野菜でつくりおき♪お弁当にも!

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、旬スタートの“れんこん”をつかったレシピをご紹介します。

<れんこんの甘煮>


材料(3人分)

・れんこん 170g
・さつまいも 1本
・砂糖   40g
・水    50cc
・塩    少々 
・油    適量

作り方
① れんこんとさつまいもを食べやすい大きさに切って塩水につける。



② 油で①を素揚げする。



③ なべに水と砂糖をいれ沸騰させて、すこしカラメル状になったら、②の野菜と混ぜ合わせて、できあがり!

優しい甘さが、箸やすめやおやつにもぴったりの1品!
れんこんはしゃきしゃきっと、さつまいもはホクホクで食べていただけます。
お子さまでも、たくさん食べれちゃいます!
お弁当の一品にもぴったりなので、作り置きもおすすめ!

実はれんこんは、日本や中国でしか食べられない野菜です。


ビタミンCや食物繊維、鉄分などを多く含み、妊婦さんにもおすすめの野菜です。
カリウムも含まれているため、利尿作用があり、むくみの改善を促してくれます。

そのほかにも、ムチンという成分が、鼻やのどの粘膜を強くしてくれるため、アレルギー症状を軽減してくれたりします。


比較的、小さなお子様はれんこんの硬さや、繊維質が苦手ということもありますが、そういった場合にはすりおろして、ハンバーグに混ぜ込んだりするのもおすすめです。


タンニンという成分で色が黒くなりやすいので、調理の際には、塩水につけたり、酢水につけたりして、色落ちを防ぐ対策をしてもらうときれいに仕上がります。

タンニンには消炎や止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果が期待できます。


旬の季節においしいれんこんで、健康に!






  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年10月02日

旬の一品「秋みょうがの卵とじ」

こんにちは。
やまのぶー子です。

夏の疲れが出始める方もチラホラ。
今回は、そんな方におススメ!
旬の「みょうが」を使ったレシピをご紹介。

「秋みょうがの卵とじ」


材料(1人分)
みょうが 2個
薬味ねぎ 3本
卵 2個
顆粒だし 少々
醤油 小さじ1

作り方
① みょうがを薄切にします。

②薬味ねぎは2~3センチ長さに切ります。
③たまごはよく解きほぐしておきます。
④フライパンにみょうがとねぎを入れ、よく炒めます。

⑤火が通ったら、顆粒・醤油で味付けをして最後に溶き卵でまとめたら完成。



とってもお手軽簡単で、お酒のおつまみにもぴったり!!
みょうが大好き!という方は、みょうがの炒め時間を減らして、シャキッとしたみょうがの食感を味わってください。


みょうがには、血行をよくする働きと、冷えを改善する働きがあります。
特徴のあるかおりには、抗炎症作用も含まれており、のどの痛みなどをやわらげてくれる効果もあります。


さらには利尿作用を促す成分もあり、血流改善をしながら、むくみの改善も期待できます。

そのほかにも、あの香りにはリラックス効果やストレス改善、頭をスッキリさせる効果などもあります。
これから、本番を迎える受験生にもオススメです。



ほんの少しだけ色づいている部分の赤色には、アントシアニン効果があり目の疲れも改善してくれますよ!

甘酢漬けにして、長期保存もできますのでお試しください!






  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年09月19日

切って和えるだけ 簡単秋の長芋おつまみ♪

こんにちは。
やまのぶー子です!

今日は、秋のお酒のおつまみにお勧めの一品をご紹介します。

「長芋とたらこのマヨネーズ和え」



材料(2人分)

長芋 200g
たらこ 1本
デリシャスサラダ(かにかまぼこ) 5本
マヨネーズ 大さじ3
白だし 大さじ2
マスタード 少々

作り方
①長芋は皮をむき、一口大の大きさに切ります。
②たらこもデリシャスサラダも一口大に切ります。


③マヨネーズ、白だし、マスタードは混ぜ合わせておきます。


④最後にすべて混ぜ合わせて出来上がり。



長芋のシャキシャキ感とかにかまぼこのやわらかい食感。
たらこの味に、まろやかで酸味のあるマヨネーズと白だしがピッタリの一品です。
あとひと手間、かけるなら、もみ海苔か切り海苔をトッピングしてもGood★です!

秋の夜長にチャチャっと作って、ゆっくり飲むのにもぴったり!
このままレタスやキャベツの上にトッピングして、サラダで食べても美味しいです。



ごんべいの里の長芋は、真空で鮮度もよく、真っ白のままで

あくも気にならずに食べられます。


長芋は、昔から疲れた身体にとても良いといわれてきた食べ物で、
ネバネバ成分に含まれている、ムチンは、粘膜の健康を手伝ってくれて、
目の乾きや、胃腸の働きを助けてくれます。

そのため疲れた身体を早く回復させてくれるのです。
その他にも、インフルエンザ菌の侵入を妨げてくれたり
花粉症などのアレルギーを防いでくれたりもします。


これからの季節、家族みんなで、長芋料理をたべて、
健康維持を心がけましょう!!


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年09月04日

美肌効果抜群!!粉末はとむぎで素肌美人!

こんにちは。
やまのぶー子です。

まだまだ暑い夏、毎日飲んでいるお茶の中でも、はとむぎ茶はお肌ツルツル効果が高いのをご存知ですか?

今日は、そのはとむぎの粉末を使った、和スイーツレシピをご紹介します。

「はとむぎ餅」


材料 (2人分)
はとむぎ粉 大さじ2
わらびもち粉 60g
砂糖 大さじ2
水 250cc
きな粉 少々

【作り方】
①すべての材料を計量し、鍋もしくはテフロン加工されたフライパンに材料をすべて入れて、よくかきまぜておく。



②中火でよくかきまぜて、わらび餅粉がまったりと重くなるまで練る。
練り終えたら、氷水にいれる。



③一口大にして、きな粉をお好みの量かけたらできあがりです。

とっても香ばしいはとむぎの香りに、もっちもちのわらび餅が食欲をそそります。


良く氷で冷やしてから食べるのが、ポイントです。


粉末状なので、とても使いやすく練りやすいです。

このはとむぎの粉は、牛乳にまぜたり、そのままお湯でとかしたりしても使えます!

はとむぎは、漢方でも昔からよく使われているものです。
新陳代謝を活発にして、体の中も外もきれいにしてくれます。

一番有名な、効能は、肌荒れ、イボなどの肌のトラブルによく効くといわれています。

はとむぎは、穀類のなかでも、ビタミンB2が多く含まれています。
その為、肌荒れを改善してくれる手伝いをしてくれます。


一般家庭でもよく飲まれている、はとむぎ茶も同じ成分が含まれていますが、お茶だと摂取できる量が少ないのですが、粉末状なら使いやすく、栄養がまるごと摂取できるので効果的です。

胃腸を整えたり、水分代謝が活発になるため、尿の出が良くなりむくみ解消が期待できます。


そのため、体内の老廃物も排出されるため、解毒作用にも効果があります。
その他にも、食物繊維が豊富なため、便秘や腸の調子を整える効果もあります。
薬膳では、ハトムギのお粥が体力を回復し、脂肪代謝を高め、毒素を排出する効果があるとされています。

ただし、妊婦さんの過剰摂取は注意が必要ということも言われていますので心配な場合は医師に相談してくださいね。

このレシピ、子どもの頃おばあちゃんが、お砂糖とお湯を入れてねって作ってくれた“こうせん”(“はったい粉”とも言いますね)を思い出しました。

1日スプーン2杯分くらいずつの適量を守り、一度食べてみてください。
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年08月21日

甘さひかえめ「ブルーベリーとヨーグルトの簡単手づくりシャーベット」

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、旬のブルーベリーで簡単にできる、冷たくておいしいおやつレシピをご紹介します。


「ブルーベリーとヨーグルトのシャーベット」
材料 (4人分)

・ヨーグルト 450g
・ブルーベリー お好み量
・はちみつ  大さじ5(量はお好みで)


つくり方
① ブルーベリーは適量をミキサーでペースト状にしておきます。
(残りは粒状のまま凍らせます)
② 器にヨーグルトとはちみつ、ブルーベリーのペーストをいれて、よくかき混ぜます。


③ 冷凍庫に②をいれて、6時間程度、凍らせてください。


④ 食べたい大きさに切って、上から凍らせたブルーベリーものせたら出来上がりです。


カロリーの低めのシャーベットで、甘さの調節もできるので毎日食べても安心です。

ブルーベリーといえば、目の疲れをとる!というのがよく知られていますね。
それ以外にも抗酸化作用により、疲れを落としてくれたり、老化防止の手伝いもしてくれます。

また、食物繊維とビタミンCがたっぷり含まれているので、夏の日焼け後のお肌ケアにも最適の果物です。


新鮮な状態で冷凍にすることで、栄養成分がぎゅっと詰まったままになり、冷蔵保管より栄養が維持できます。


購入いただいたら、その日のうちに冷凍にして、毎日少しづつヨーグルトにまぜてたべたり、そのままおやつで食べたりするのもおすすめです。


ぜひ、ごんべいの里の無肥料、無農薬の安心なブルーべリーをご利用ください!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年08月04日

オクラとエノキのサラサラ茶漬け



こんにちは。
やまのぶー子です。

夏休みまっただ中!
暑いこの時期にお勧めの簡単、さっぱりの夏野菜レシピをご紹介します。


『オクラとえのきのサラサラ茶漬け』

材料(3人前)
・オクラ 8本程度
・えのき 1袋
・白だし 大さじ5
・水   500ml
・かつおぶし 15g
・ごはん 150g


作り方
①オクラは塩もみで表面の産毛をとり、ふちの部分の面とりをして半分に切ります。

②えのきを食べやすい大きさにきります。


③なべにお湯をわかし、白だしをいれ、おくら、えのきを7分ほど中火で煮込む。



④ご飯の上から③をかけて、最後にかつおぶしを振ったら出来上がり。



冷やしてもおいしいサラサラご飯です。
冷やして食べる場合は多少白だしの量を多くしてもよいです。

食欲がなくなりがちな、暑い夏にとってもオススメ!


もっと、ねばりをだして、オクラが食べたい方は、オクラを細かく刻んで生のままでもOK!

オクラの栄養素には、疲労回復、免疫力アップ、整腸効果、消化吸収の働きをしてくれるものが、たくさん含まれています。

独特の粘り気が特徴的な緑黄色野菜。

そんなオクラはまさにビタミンと食物繊維の宝庫なんです。

その中には 、ビオチンという成分が含まれており、この成分は、糖質の代謝に関わる成分で、疲労物質の乳酸を再度、糖質に作り変える働きがあります。

糖質はエネルギー源ですから、ビオチンは疲労回復に有効です。
また、ビオチンは三大栄養素の吸収のお手伝いもしてくれます。

オクラは生でも召し上がっていただけますので、長時間加熱の必要がないのでビタミンも逃げにくく、ビタミン補給におすすめの緑黄色野菜です。


また、オクラに含まれているムチンには、粘膜を保護する作用もあります。
夏バテ防止ぜひ、食べてほしい旬の野菜です。




  


Posted by やまの ぶー子さん  at 13:21レシピ

2017年07月24日

ひんやりビタミンスイーツ

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は真夏に失われやすいビタンミンCを野菜から、お手軽においしく摂取できるスイーツレシピをご紹介します。

「おどろくほど甘いミニパプリカで作る、ひんやりビタミンスイーツ」


材料 3人分
カクテルペッパー 3個
寒天 2グラム
水 500ml
砂糖 30グラム

作り方
①水に寒天を15分以上浸しておく。

②中火で寒天をかきまぜながら溶かして、砂糖をいれ一煮立ちさせます。

③最後に細かくきざんだ、カクテルペッパーをいれて、冷蔵庫で2時間程度冷やし固めたら、お好みの大きさに切って召し上がれ。


カクテルペッパーは彩りがよく、透明な寒天と一緒に冷やし固めると、暑い日にピッタリの涼しげな一品になります。

色鮮やかで、果肉に厚みがあり、とにかく糖度が高いカクテルペッパー。


栄養素的にも、たくさんのビタミンCが含まれています。


そのビタミンCを逃さないためにも、加熱時間は極力短めに調理するのがオススメ。


肌の日焼けや、風邪予防にも大切なビタミンC。
おやつや、朝ごはんなどでも、簡単に食べられる大きさと
食感なので、たくさん食べられそうです。


甘みが強いので、ピクルスにするのもおすすめです。
ピーマンが苦手なでも、美味しくたべられる、ミニパプリカ。

この茨城県産、飯田さんちのスイートカクテルペッパーは
やまのぶでのみご購入いただける商品です!
ぜひ、一度お試しください!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年07月10日

足すっきり!むくみ解消簡単The夏丼!

こんにちは。
やまのぶー子です。

気温が上がってくると、気になる夕方の足のむくみ。
そんな方におススメの簡単夏野菜レシピをご紹介します。

「さやいんげん&豚のThe夏丼」


【材料 2名分】

さやいんげん 10~15本程度
豚ミンチ   135g
片栗粉   大さじ1
酒     大さじ1
みりん   大さじ1  
さとう    大さじ1
しょうゆ   大さじ2
ねりしょうが 少々
ごはん  150g


【作り方】

1 いんげんの両サイドを落として、筋をとります。


2 フライパンで豚ミンチをよく炒め、しょうが、みりん、酒、砂糖、しょうゆを入れからめ、最後にさやいんげんを加え炒めます。





3 水溶き片栗粉でとろみをつけて、ごはんの上にのせたら出来上がりです。


お好みによってはとうがらしなどで辛味をつけてもおいしいです。

疲労回復効果のあるビタミンB1がたっぷりの豚肉と一緒に食べる、元気レシピです!



いんげんまめはβ‐カロテンという成分がたくさん含まれています。
β‐カロテンは体内で ビタミンAに変性する特徴があり、その効果も同時に得られるメリットがあります。
また抗酸化作用にも優れていて、メラニン色素の生成を抑える働きもあります。


紫外線が強いこの時期、メラニン色素が増えやすかったり、夏の暑さから活性酸素が増えやすかったり…。
いんげんを食べることにより、少し軽減することができます。


ビタミンAは、粘膜強化の役割もありますので、夏風邪予防に、
たっぷり含まれるカリウムの利尿作用で、体内の水分量を調節。
むくみの解消にも効果的なんです。

ごんべいの里のいんげんまめは、皮が柔らかく、青みや苦味も少なく、とても食べやすくなっています。



長時間加熱するとビタミンが失われてしまうので、短時間で調理するのがポイントです!

さっとゆでてそのまま、しょうがとしょうゆで、おつまみにもいかがでしょうか?




  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ