2019年06月17日

食欲改善!汗かきながら!麺類レシピ!

こんにちはにっこり
やまのぶー子です。

梅雨入りして、ようやく恵みの雨が降ってくれる季節がやってきました。

主婦の私にとっては、洗濯物が乾かず困ってしまう季節ですが、
水不足気味の話をきいたので、農作物の高騰を考えるとしっかり雨が降ってほしいとも願うぶー子ですわーい

このごろ、日々の寒暖差があったりして、ちょっとご飯を食べたくないなぁ・・・。と思ってしまうことがあります。

でも、食べないとなんとなく体が不調汗

そんなときにおススメのおいしい商品&レシピをご紹介します音符

『自己流アレンジ!広島流 辛辛つけ麺の甘辛肉かけ』


材料(2人分)

・広島流 辛辛つけ麺 1袋
・豚肉のミンチ 130g
・もやし 1袋
・ねぎ お好み量
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ1
・砂糖  大さじ1




作り方

①豚肉のミンチをフライパンで炒めます。



②もやしも一緒に炒めます。



③もやしがしんなりしてきたら、醤油・みりん・砂糖をいれて味をつけます。
その後、冷蔵庫で冷やしておきます。





④麺を多めのお湯で約4分ゆで、ゆであがったら水でしっかり冷やします。





⑤④の上に③を盛りつけ、刻みねぎをのせ、つけだれとゴマを上からかけてしまいます。
※辛さの調節がお好みでできるように、別でとうがらしパウダーがついています。調節しながらお好みの量で辛さを調節してください。


麺はつるっとしている細麺で、さっぱりしています。
本来はつけ麺なので、麺と汁は別でその場でつけながら食べるのですが、ぶー子の場合は一皿で手間なく食べたいええと(汗)という願望からこのレジピをよく使うようになりました。

冷蔵庫にもよくある食材、ひき肉ともやしで、低コスト。
家族からも好評のレシピです。

『広島流』と書かれている商品なので、なぜ?広島流?と思い調べてみました。



どうやら、『冷たい麺に、辛いスープのつけ汁で食べる』=『広島流』という表現になるようです。

辛いスープであることがポイントだとわかりました。



そして本来は、広島流=ゆでたキャベツを一緒に具材として麺にのせるのが正しいようです。

辛味のトッピングなしであれば、お子様でも食べられる辛さではないかなぁと思います。

ぜひ、暑い日や食欲のないときにお試しくださいハートウィンク


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年05月27日

ふわふわ柔らか手作りパン!まねきねこの湯種食パン!

こんにちは。

やまのぶー子です。

暑くなりました!
日中30度を超える日が日々続いています。
みなさん、脱水や熱中症への対策を考える季節の到来ですよ。

なんとなく、寝起きの身体がだるくて 朝ごはんを抜いてしまう方!要注意です。朝ごはんはやはり大切。
そこで今日は、やまのぶオススメの美味しい手作りパンをご紹介します。

「まねきねこ」さんの手作りパンです。




毎週木曜日と日曜日以外は、販売しています。

一番はじめに、まねきねこさんのパンに出会ったとき、あまりの柔らかさに驚きました!

フワフワ!
もっちり!
しっとり!


この三拍子がそろっている食パンです!!

パンの耳まで柔らかいのがとても食べやすく、オススメの理由でもあります。


まねきねこさんは、豊田市で自分自身で小麦をつくり、その小麦をつかって、パン屋さんをしています。

農家とパン屋さんの両方を兼ねていらっしゃるそうです。


もちもちの仕上がりの理由は、湯種製法にあります。小麦粉を熱いお湯をつかって捏ね上げることにより、ふわふわで、もっちりとしたパンが出来上がるそうです。

焼き上がりがふわふわなのは、よくありますが、2.3日たってもそのままというのは、なかなかめぐり合えないパン生地です。

菓子パン類もたくさん販売していますが、どの菓子パンもフワフワのパン生地なんですよ。


今回はシュガーバターパンをつくってみました。

オーブントースターで表面を少し焼いて、その後、バターをのせて、バターがとけるまでこんがりやきあげたら、グラニュー糖をまぶして出来上がりです。



お子様の朝食でも食べやすくオススメです。

惣菜系のお好きな方なら、ゆで卵とハムをマヨネーズで和えたものに、チーズをのせて焼くのもオススメです!


色々なバリエーションでお楽しみください!!



  

Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年05月20日

春を感じる簡単レシピ!そら豆と新たまねぎのオーブン焼き!

こんにちは。
やまのぶー子です。

大型連休もあっという間におわり、
平成から令和へ変わるという歴史的瞬間にちょっと感動したぶー子です。

店頭の野菜たちも、冬野菜から春野菜へ少しづつ変化してきています。

今日は春野菜でも人気の“そら豆”と新たまねぎをつかったレシピをご紹介します。


「そら豆と新たまねぎの簡単オーブン焼き」

材料(2人前)

・そら豆 10粒
・新たまねぎ 大1/ 2玉
・塩こしょう
・粉チーズ
・マヨネーズ 大3
・塩

つくり方

①そらまめを向いて中の豆だけにします。
沸騰したお湯の中に塩をたっぷりいれて2分程度ゆでます。




②新たまねぎを薄切りにして、フライパンでいためます。




③しんなりしてきたら、そら豆もいれて、塩こしょう、マヨネーズをいれてまぜます。




④オーブン皿に③をいれて粉チーズをふって、オーブン180℃で約15分焼いたらできあがりです。








とっても簡単にでき、彩りもきれいで食卓を華やかにしてくれます。

そら豆がちょっと苦手な方でも、マヨネーズのまろやかな風味で食べやすくなっています。

すこし、そら豆のプリッと感を残すために硬めにゆでるのも、美味しいですよ。


そら豆と聞くと「おつまみ」のイメージがあるかと思いますが、実はとても優れた栄養をもつ食品なんです。



そら豆にはビタミンB1、B2が多く含まれています。

ビタミンB1は糖質を分解しエネルギーに変換するのに不可欠なビタミンです。
また、ビタミンB2には糖質・脂質の代謝を促進する働きがあり、運動する人や肉体労働に従事する人などエネルギー消費量の多い人は積極的に摂取してほしいビタミンです。


そのほかにもたんぱく質も多く含まれており、まめ類の多くは植物性たんぱく質を豊富に含んでいます。




豆類は肉や魚などの動物性たんぱく質に比べ脂質が少ないので、
とてもヘルシーにたんぱく質の摂取ができます。


それだけでなく、そら豆はカリウムも多く含んでいますので、体内の余分なナトリウムを、体の外に排泄してくれます。
むくみの解消にや、高血圧の方にもおススメの食材です。



この春、ぜひ新鮮なそら豆を食べてみてください。


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年04月25日

新生活の疲れをケア♪簡単「手羽先」で疲労回復♪

こんにちは。
やまのぶー子です。

桜も葉桜にかわり、長期連休をむかえようとしています。
新生活はみなさんいかがお過ごしでしょうか?
体力的にも気温差があり、なんとなく身体のだるさを感じている方に、おすすめのレシピをご用意しました。

「山桜鶏の手羽先」


材料 (3人分)

・山桜鶏の手羽肉  1パック
・手羽先のたれ   1袋
・白ゴマ  お好み量
・ねりしょうが  お好み量
・油  少々
・お酒  大さじ3
・みりん  大さじ3

つくり方

① 手羽先に切り込みをいれます。


② 手羽先を、お酒・みりん・しょうがを混ぜあわせたものに20分ほど漬け込みます。


③ 油で両面とも焼きあげます。




④ その後手羽先のタレと白ゴマで和えたら出来上がりです。




とっても簡単につくれる手羽先です。
ピリ辛にしたい方は、タレの中に一味唐辛子をいれるのもOKです。

山桜鶏はもともと臭みが少なく、肉質もやわらかいです。

脂身もほどほどで食べやすい手羽先になります。



鶏肉には良質なタンパク質が多く含まれているのと、必須アミノ酸のバランスが良く、おまけに消化吸収率にも優れているので、疲れている身体にはおススメの食材です。

その中でも、スポーツや体力的にハードな仕事をしている方の疲れには、とっても効果的です。


そのほかにも女性がよろこぶ効果もあります。

鶏の手羽肉にはゼラチン質であるコラーゲンが多く含まれているんです。

コラーゲンはタンパク質の一種で、肌の乾燥を防ぎ、プルプルの肌をつくる効果があります。

魅力的ですよね!


コラーゲンは水溶性なので、ビタミンCと一緒に摂ることでプルプル肌効果は一層高まります。

コラーゲンやビタミンA、ビタミンB群との相乗効果で、美肌づくりに絶大な効果を発揮してくれます。

春は紫外線も強く、肌荒れしやすい季節なので、積極的にビタミンCとコラーゲンの補給で美肌をめざしましょう!


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 16:12レシピ

2019年04月15日

春キャベツたっぷりペンネ♪

こんにちは。
やまのぶー子です。

桜が満開でとても綺麗ですね。

春が来た!と心わくわくする日々を過ごしている今日この頃です。

店内にも春を感じる野菜がたくさんならんでいます。
その中でも、私の好きな春野菜「春キャベツ」をつかったレシピをご紹介します。

「春キャベツとペンネのクリーム煮」


材料 (2人分)

春キャベツ 1/2カット
ペンネ   80g
えび    5尾
唐辛子   少々
カルボナーラソース 1袋


作り方

①えびの皮を剥き、背わたと腹わたを取り除く。


②ペンネをゆでる


③春きゃべつを一口大の大きさに切る。

④えびとキャベツを炒める。




⑤カルボナーラソースを④にいれまぜあわせる


⑥お好みで唐辛子をいれる。

⑦茹で上がったペンネを⑤に混ぜ合わせたらできあがり。



春キャベツは水分量が多く、あまり長時間炒めなくても、食べやすくたくさん食べられ、甘みを感じられます。

ペンネを使うことによって、パスタよりキャベツが絡みやすくたくさん食べることができます。


キャベツにはビタミンCやビタミンKが含まれています。

ビタミンCは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があり、
ビタミンKは血液の凝固促進や骨の形成のお手伝いをしています。


ほかにも利尿、むくみ予防、血圧降下作用のあるカリウム、
強力な抗酸化作用が知られているカロテン類も多いのが特徴です。


春キャベツには通常のきゃべつより、
カロテンが3倍も含まれているといわれており、アンチエイジング効果がとても期待できるそうです。




店頭で春キャベツを選ぶ際には、なるべく空気がふんわりとはいっている状態で巻き込まれている玉のものが
甘みが多いのでおすすめです。






  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年04月01日

減塩を気にされている方におススメ!“塩さばフレーク”

こんにちは。

やまのぶー子です。

桜のつぼみが膨らみはじめ、春の訪れが本格的に始まっていますね♪
早くお花見に行きたいなぁ!と心わくわくしているぶー子です。

ところでみなさん、血圧は正常ですか?
今や現代病のひとつとまで言われている「高血圧」。
やまのぶでは、そんな高血圧に悩まれているお客様でも、安心して使っていただける商品を取り扱っています。

なかでも、今ぶー子が気に入っている食品が



「宮城県水産事業 減塩 塩さばフレーク」

という商品です。

塩さば???

と思われると思いますが、こちらの塩さばフレークは、実は病院などでも使われている優れものなんです。

使われている塩は、国立循環器病研究センターという専門的な機関の方が考えだした、「かるしお」=「塩をかるく使って美味しさを引き出す」という考え方のもと開発された商品です。



パッケージのふたに かわいい「かるしお」のマークが書かれていて、
「かるしお認定基準」をクリアしたことを表示しています。

さばの栄養的成分には、

EPAという成分が含まれています。
EPAは不飽和脂肪酸の一種であり、血液をサラサラにする働きがあると言われている成分で、血管を柔らかくする効果や、ガン予防も期待されています。
さらに体内の痩せるホルモンを増やすことが注目されている成分でもあります。

ビタミンDビタミンB6やB2などのビタミン類も多く含まれています。



カルシウムの吸収をサポートすると言われるビタミンDは、骨や歯の健康的な発育に欠かせない栄養素なので、積極的に摂取してほしい栄養素です。


青魚と言えばDHAというイメージが強いでしょうが、もちろん鯖にもしっかり含まれています。
DHAは脳や神経の機能を助け、脳を活性化させる働きがあると言われている成分なので、記憶力の向上を助けてくれます。



ご飯に混ぜ合わせてみたり、サラダに添えてみたりと使い方はたくさんあります。
ぜひ、色々な料理に組み合わせながら使ってみてください。

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年03月18日

シンプル!それが一番のプレミアム!


こんにちは。

やまのぶー子です。

桜のつぼみが膨らみはじめ、開花まであとわずか!

春の訪れがとってもうれしいぶー子です。


突然ですが、みなさん朝ごはんは、何派ですか?


和食派?洋食派?シリアル派?
以前新聞で、朝起きられないという理由で食べないまま学校に行ってしまう子供さんも結構多いと読んだことがあります。


その為、最近では手軽に食べられる、シリアルがとっても人気で種類もたくさん販売されるようになりました。
その中でも最近よく売れているシリアルを今日はご紹介させてください。



とってもシンプルなパッケージのこちら!

“プレミアムコーンフレーク ビターチョコ”

えっ?と感じたかたも多いのではないでしょうか?


シンプルですよね?パッケージ!
私も初めて見たときには驚きました。
あまりにもシンプルで・・・。


このごろのシリアル系のパッケージは明るめの鮮やかな感じのものが多く、逆に売り場では、シンプルなものが目立つくらいです。



中身はしっかりとした、黒いコーンフレークが入っています。
洋菓子店で使うような、高級なココアパウダーとココアバターが使用されているそうです。


コーンフレーク自体は、北海道産全粉乳を使用してある、甘さ控えめのコーンフレークが使われています。



今まで食べてきているコーンフレークのチョコ味とは違い、本当に甘さ控えめです。
でもしっかりチョコの味、ちょっぴりビターなココアの味は感じられます。


コーンフレークは、かりっとしたタイプで、牛乳にしばらく浮かべておいてもすぐにシナシナした感じにはなりません。


そこが私の好きな部分でもあります。


朝から甘すぎるのはちょっと食べられない・・・という方でも、食べやすい甘さだと思います。




ほかにも、プレーンやいちごなど種類がありますので、
ぜひ、好きな種類で食べてみてください!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年03月04日

今が旬の“菜の花”をちょっとおしゃれに・・・

こんにちは。
やまのぶー子です。

暖かい日が少しづつですが増えてきました♪

梅の花もすこしずづ開花しはじめ、春の足音がすぐそこまできていますね!

今日は、夕食の食卓にぜひ、一足早い春を感じてほしいと思い、
“菜の花”を使ったレシピをご紹介しようと思います。

「菜の花のチーズ巻き」


材料(1人分)

菜の花  2本
生春巻きの皮 2枚
ビアソーセージ 4枚
クリームチーズ 4個

作り方
① 菜の花は沸騰したお湯に少し塩を入れてから約1分ほどゆで、氷水の中で冷やします。




②①の水をよくしぼり、生春巻きの皮の上に、
ビアソーセージ、クリームチーズ、菜の花と順番に並べます。



③②をくるくると巻き、最後は水でペタっと止め、食べやすい大きさにカットしたら出来上がりです。


菜の花特有の苦味が、クリームチーズと一緒だととても食べやすくなります。
お酒のおつまみにもぴったり♪

なによりお手軽で簡単なので、急な来客でも対応しやすく
旬を取り入れることによって、料理上手度UP!

菜の花というと季節的な野菜という印象が強いのですが、
カリウムや鉄分などのミネラルが他の野菜より多く、
ビタミンCはほうれん草の3倍以上、β-カロテンはピーマンの5倍あるという
栄養価の優れた緑黄食野菜なのです。

鉄分や食物繊維がたっぷりなので、
妊婦さんや、貧血症の方にはおすすめのお野菜です。


なかなか、1回で使い切れないのよね・・・。という奥様に
ぜひ試していただきたい保存方法は、
湿らせた新聞紙かキッチンペーパーに包んで、
冷蔵庫の野菜室に保管すれば2~3日は日持ちします。
さっとゆでたものをラップにくるんで冷凍すると長期間保存可能です。


旬の季節に多めに購入して冷凍保存するのをおすすめします。

ぜひおためしください。
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年02月11日

お手軽簡単 ノンフライ麺で健康ラーメン!!

こんにちは。
やまのぶー子です。

今年はインフルエンザが、全国的に猛威をふるっているとニュースで話題になっていますね。

ぶー子も栄養と睡眠には、できる限り気をつけていますが、みなさんは、いかがですか?

お正月もおわり、ついつい、体への脂肪の蓄積が気になる今日この頃。
そんなぶー子が今、お腹いっぱい食べたい時にハマっているメニューをご紹介します。

「野菜たっぷりノンフライみそラーメン」



材料(1人分)

有機ノンフライラーメン 1袋
一人鍋用やさい 1袋
豚こま肉 60g
みそ鍋用みそ 80g
水 200cc

作り方
① 鍋に水と野菜をいれよく煮込みます。

②野菜がしんなりしてきたらこま肉をいれて煮込みます。


③その後みそをいれ溶かし、麺をいれて
約2分。お好みの固さまで麺を茹でたらでき上がりです。





一人鍋のイメージで簡単につくることができます。
野菜を刻むことをしなくてもOKなので、お料理の苦手な方でも楽々調理♪

ノンフライ麺のため、カロリーも低く、胸焼けなどの心配もありません。

コレステロール・トランス脂肪酸はゼロですので、コレステロールや油が気になる方にもおすすめです。



麺には、北米産有機小麦と瀬戸内海の塩のみを使用しているそうで、
かん水・澱粉などのつなぎや卵白など動物性原料不使用となっています。

添加物やアレルギーの気になる方でも安心ですね。

今回はラーメンのレシピをご紹介しましたが、

鍋で沸騰させたお湯に麺を入れ、ほぐしながら約3分半程煮て(麺の固さはお好みで茹で時間を調整して下さい。)

湯きりをして、やきそばや、サラダ麺にもご利用いただけます。



麺は、乾麺のなかでも、生麺に近い食感です。
スープなしなので、鍋料理のあとの〆のラーメンにもおススメできます。

健康や体重がちょっと気になる方!ぜひおためしください!


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年01月21日

国産安心レモンで、ぽかぽか♪お鍋♪

こんにちは。

やまのぶー子です。

乾燥する日が続いていますが、
みなさん体調管理は万全ですか?

風邪対策に私も必死になっている今日このごろです。
睡眠をしっかりとることと、やはり食べ物でビタミンCなどをしっかり摂取していくことが
大切かな?と思い日々の夕食メニューもすこし意識して献立を考えています。

その献立のなかで、みなさんにおすすめのメニューを
ご紹介します。


「ポカポカ♪レモン鍋♪」

材料 (1人分)

・レモン 1/2個
・白菜 3枚
・ちゃんこ鍋のもと
・鶏肉ムネ肉 30g程度

作り方

①レモンと白菜を好きな大きさにカットします。




②鍋に適量の水と白菜と鍋のもと、レモン、鶏肉をいれて煮込みます。



③お肉に火がとおり野菜がしんなりしたらできあがりです。



酸味はさほど強くなく、
さっぱりとした味わいの鍋になります。

皮ごとレモンをいれても、苦味はありません。

塩分控えめの鍋をご希望の方でしたら、鍋のもと自体の使用量をすくなめにして
変わりにレモンをたくさんにすると、味がしっかりしていておいしい鍋になります。



レモン=外国産・農薬の使用量が多い
というマイナスのイメージをされると思います。

国産のおいしいレモンもつくろう!と
立ち上がったのが、広島県にある瀬戸内海地区でした。



島の土地の半分が傾斜地で日当りがよいことと、
夏の降水量や年間の降水日数が少ないという瀬戸内特有の温暖な気候が、
寒さや風に弱いレモンの栽培に適しているので理由です。



レモンに豊富に含まれるビタミンCは、
免疫力をアップさせて風邪を予防したり、ストレスに対する抵抗力を高めたり、
健康の維持に役立つビタミンです。
それだけではなく、
抗酸化作用で肌の老化を防ぎ、シミの原因となるメラニン色素を抑える効果もあります。
にきび肌の方にもおすすめです。

ビタミンCは、熱に弱いので、あまり長時間加熱することは
おすすめできません。

風邪予防には、とってもおすすめなので、
ぜひ、色々な場面で、生レモンをお使いいただければと思います。



  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ