2014年07月31日

つまみにも!白飯にも!名倉なすの味噌田楽

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、ちょっと珍しい「名倉なす」を使ったメニューをご紹介しますハート

「名倉なすの味噌田楽」



材料(2人分)

・名倉なす 1個
・赤味噌 大さじ2
・お酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・ゴマ油 大さじ2
・大葉 4枚

作り方
①名倉なすを半分に切る。
皮のまわりから5mm程度内側にぐるっと切り筋入れる。
真ん中は一口大になる大きさに切り筋をいれる。


②フライパンにゴマ油を引き、名倉なすを両面焼く。


③焼色がついたらOK!


④赤味噌、お酒、みりん、砂糖をいれ、かき混ぜる。混ぜ合わせたら、大葉を刻んでいれる。


⑤焼きあがった名倉なすに④をかけたら出来上がりハート



じゅわ〜と、ふわふわ〜とする、名倉なす。

めちゃくちゃジューシーです。ナスの身の部分がふわふわなのに、驚きましたやったー


もちろん、皮まで食べられます。

名倉なすの身は、ほんのり甘いです。味噌なしで食べていただくと、その甘みを感じていただけます。


名倉なすは、昔から、愛知県北設楽郡で作られて、
このなすの種は売っていないそうです。

そのため、種を採って毎年繋ぐしかない。貴重で
とにかくとっても大きな、なすです。

通常の倍くらいの大きさで、
私も初めて見た時は、びっくりしました。

一見、硬い?と思ってしまいがちですが、逆です。
やわらかい!


なすの皮の紫色の部分には、『アントシアニン』という成分が含まれていて、
眼精疲労に効果的です。

夏野菜は全般的に体を冷やす効果がありますが、
なすはとくにその作用が強いと言われています。
そのため、昔から高血圧やのぼせ症になすを食べるといい、といわれています。


気温が高く、身体に熱がたまりやすい夏場に食べると、
体を冷やし、のぼせを防いでくれますキラン

「秋なすは嫁に食わすな」ということわざも、
妊婦さんが身体を冷やしすぎると良くないから、
という思いから、できたといわれています。


油との相性もバッチリのなす。
料理のレパートリーもたくさん思い浮かびますね。


なす好きの方には、ぜひ、食べていただきたい、名倉なす音符

みどりの里の自然栽培で作られた、この名倉なすは、
安心して、皮までしっかり食べていただけます。

この名倉なす、先日TV『スタイルワン』で紹介されました!
そんな情報の他にも、油と相性のいいなす、油っぽくなるのがちょっと…
という方に、油を飲み込む感をなくし、サラット、なすの素材を
そして味をかんじられる手法を紹介
してる、やまのぶの
野菜ソムリエ西尾さんの「野菜ソムリエのおすすめレシピ」ブログ
ぜひ見てみてくださいね~
こちらもおいしそ~ですよ!もぐもぐ

一度食べたら、やめられなくなる、名倉なす。
この夏ぜひ、食べてみてください。
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 11:10レシピ

2014年07月24日

食欲促進!「いんげん豆とちくわのカレー炒め」

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、夏の疲れにピッタリのメニューをご紹介しますハート

「いんげん豆とちくわのカレー炒め」

材料(2人分)
・いんげん豆 6〜8本
・ちくわ 5本
・カレー粉 小さじ1
・塩 少々
・油 少々

作り方
①いんげん豆は両端を落とし、食べやすい大きさに切る。
ちくわも食べやすい大きさに切る。


②フライパンに少し油をひき、いんげん豆、ちくわを炒める。(中火で5〜7分)


③塩をふり、少し炒めたら、カレー粉をいれて混ぜたらできあがり。



作っている最中から、思わず食べたくなった、ぶー子ですにしし

香りといい、見た目といい、食欲をそそられますね上矢印

しゃっきりした、いんげん豆と、
ちくわのふわふわ感が、相性ピッタリです
音符

ピーマンや、玉ねぎをいれて、量をたっぷり上矢印に増やすのもいいかも!
ビールのつまみや、白いご飯にも、お弁当にもオススメです。


いんげん豆は、1年に3度収穫ができるので、
三度豆と呼ぶ地方もあるそうですキラン

いんげんの豆の部分には、必須アミノ酸である
リジンやアスパラギン酸が多く含まれ、疲労回復効果や、
体の組織の修復を促し、肌や皮膚を整える働きがあるそうです。

食物繊維も、含まれているので、便秘予防にもオススメです。

細くて、ヘルシーな野菜なのに、
とってもたくさんの栄養素が入っていて、
頼もしいいんげん豆。


さっぱり、しょうが醤油で食べるのもオススメです。


ごんべいの里のいんげん豆は、
さやの部分がほどよい硬さで、しゃっきりしています。
ほんの少し甘みが感じられるのがポイントですピース

ちくわのような練り製品は
“DHA”と“EPA”が豊富に含まれています。

“DHA”は学習能力や集中力を高めてくれたり、
ボケ防止に効果的といわれています。


さらに“EPA”は血液をサラサラにする効果があると言われています。

カルシウムも豊富に含まれているので、
魚嫌いのお子様にもオススメです。


簡単に作る事ができ、オススメメニューです!
店頭のいんげん豆コーナーでも紹介しています!

夏の暑い日に、サッと作ってしっかり食べて、
暑さも楽しんじゃいましょう音符






  


Posted by やまの ぶー子さん  at 11:00レシピ

2014年07月17日

温めるだけ!こだわりの黒米粥

こんにちはウィンク
やまのぶー子ですピース

夏の暑さが本格的になってくると、胃腸風邪をひきやすくなります汗
そんな時にオススメのとっても簡単なメニューをご紹介します。

「黒米おかゆとかつおぶし汁」


材料(1人分)

・自然の味 黒米かゆ 1袋
・削り節 片手一握り分
・お湯 200cc
・味噌 小さじ1

作り方

① おかゆは中身を器にうつし、サランラップをし、
電子レンジで2〜3分加熱する。


② かつおぶしとお味噌をお椀にいれ、
お湯をかけてかき混ぜる。




③ 出来上がり


なんといっても超簡単ですハート
体調が悪い時に料理したくないですよねわーい
でも、なにか食べなきゃ回復も遅くなっちゃいます上矢印

そんな時にピッタリの、メニューです音符



自然の味シリーズの黒米粥は、国内産・特別栽培の白米75%、
黒米25%使用し、駿河湾深層水(脱塩水)と駿河湾深層水の
塩を使って作られています。

黒米はみなさんご存知ですか?

黒米は、白米と比べて、現代人に不足しがちな栄養素が
多く含まれています。
最近では、「健康食」として人気もあるお米です。
栄養素としては、鉄分、リン、カルシウム、アミノ酸、
ミネラルを豊富に含み、滋養強壮・血液循環・胃腸虚弱などに
効用があります。



もっちりした食感がとっても美味しいです。

※黒米なので、色が黒っぽいのに驚かないでくださいね。

食欲がない時には、ちょっと塩をかけて、
お赤飯のように食べても美味しいです。


かつおぶし汁は、妊婦でつわりがひどかった時に、
おばあちゃんに教えてもらいました。


とにかく簡単で、かつおぶしの香りが食欲をそそります。

もちろん、汁だけでなく、削り節も食べちゃってください。

タンパク質をはじめ、リン、カリウム、ビタミンDなどを
たっぷり含んでいます。
また脂肪の酸化を防ぎ動脈効果の予防に効果的な
ビタミンや不足しがちなカルシウム、ミネラルなども含んでいます。
栄養いっぱいでしかもヘルシーな食品が、かつおぶしなんです。


今回使用したのは、鰹だけでなく、鰯の煮干しもミックスされた
いいとこどりの削り節です。
鰹のいい香りと鰯のしっかりとした味がでるおススメの削り節です。

今回のレシピ、シンプルですが、体も温まり、胃腸にもやさしく、
消火吸収がいいので、オススメです音符
常備食として、置いておける2品なので、主婦には助かります。


自然の味シリーズは、黒米だけでなく、白米、玄米のおかゆもあります。

3種類揃えておけば、三食分安心ですね。ぜひ、お試しください。

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 11:00レシピ

2014年07月10日

食欲回復!きくらげと大根のさっぱり和え!

こんにちは四ツ葉のクローバー
やまのぶー子です笑える

今日は、これから夏晴れにピッタリの1品をご紹介しますハート


『きくらげと大根のさっぱり和え』


材料(2人分)
・生きくらげ 中2枚
・大根 輪切り5cm
・きざみねぎ 適量
・ポン酢

作り方
① 生きくらげの硬い部分を切り落とす。適量な大きさに切る。お湯を沸かしサッとひとゆでする。





② 大根を細切りにする。


③①と②を盛り付け、ポン酢をかける。最後にねぎを盛ったら出来上がり。



めちゃくちゃ簡単メニューですが、暑い日に口当たりも良く、さっぱり、コリコリで
とっても食べやすいです。

大根のシャキシャキ感、きくらげのコリコリ感は、ちょっとクセになる感じです上矢印

今回は、ポン酢を使いましたが、甘酢もオススメどきどき

しょうがやワサビを少し薬味として付け加えてもOKですやったー

大根はおろして、きくらげと和えても美味♪
大根の代わりに、胡瓜でもOK!
彩りに、とまとをサイコロに切ったものや
カニカマをほぐして和えても!
刻みネギの代わりに、スプラウトを添えても!
アレンジいろいろで召し上がってみてください!

きくらげは、乾燥が主流で、なかなか生きくらげに出会うことは少ないですよね。

今回、私も初めて知った!!のですが、きくらげは漢字で書くと『木耳』と書くんです。



生きくらげは、乾燥とちがい、水で戻す必要がないので、便利です。

ビタミンDがとても豊富に含まれています。
ビタミンDは脂溶性のビタミンの一つで
骨の形成を促し骨粗鬆症の予防に作用する他、
免疫力を高めたり、がん予防にも効果があるも言われています。



それだけではなく、食物繊維もたっぷり含まれています。
便秘の予防と改善する働きがあるとともに、
身体に有害な物質を吸着し体外に排出するのを助ける作用もあります。


疲労回復効果や、肌や爪を綺麗にする効果もあります。

女性には、ぜひ食べて欲しいきのこですハート

生きくらげは、冷蔵庫で2週間くらいは、保存可能なので、
少しずつ、毎日料理に加えるのもOKです。

ぜひ、お試しください音符
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 10:35レシピ

2014年07月03日

アレンジいろいろ♪とうもろこしときゅうりの酢の物

こんにちは元気

やまのぶー子ですやったー

お子様も大好きハートな野菜と言えば『とうもろこし』
やっと旬の季節がやってきました。
今日は、とうもろこしを使った夏にぴったり、さっぱりメニューをご紹介します。

『とうもろこしときゅうりの甘酢和え』


材料 (2人分)
・とうもろこし 1/2本
・きゅうり 1本
・酢 大さじ3
・砂糖 大さじ1
・塩 少々


作り方
① 鍋にたっぷりの水をいれ、皮をむいた、とうもろこしと、
塩をいれ、ゆでる。
(沸騰してから、約3分くらいゆでる)


② きゅうりを細かく刻む


③ ①で茹で上がったとうもろこしを実だけの状態にする。


④ 酢と砂糖と塩をいれ混ぜ合わせる。


⑤とうもろこし、きゅうり、④をまぜ合わせたら、出来上がり。


やっぱり夏は酢の物ですよね!口当たりさっぱり、身体もスッキリ音符
少し多めにつくっておいて、冷蔵庫で保存しておいたら、
ポテトサラダの具や、冷製スープの実にもピッタリ!
お好みで、カニカマをほぐして入れたり、ワカメを足したりしても
グッドです!

このごんべいの里のとうもろこしは、一粒、一粒が本当に甘いので、
酢の物にしても、しっかり粒の甘さが残り、引きたちます。


しゃっきり、みずみずしい粒がとっても美味しいです。

とうもろこしは、炭水化物(糖質)やたんぱく質が多い高カロリーの野菜で、
主食にしている国もたくさんある野菜ですピース

主な栄養は、ビタミンB1、B2、葉酸、ミネラル、特にビタミンEと食物繊維が多くなっています。



ビタミンEは「若返りのビタミン」ですよね!
老化防止や動脈硬化、高血圧、狭心症などを予防にもオススメです。


ところで、みなさん、とうもろこし茹で方のポイントをご存知ですか?


沸騰したお湯に、とうもろこしを入れる方も多いようですが、
実は、水から茹でることで、シャッキリとした、美味しさが残るんです。
そして、茹で上がったあとすぐに、サランラップに包んで保存するのが
美味しいを保つコツです。


もっと簡単に!という方には、皮をむいたとうもろこしを
お水でさっと濡らし、お塩を表面に適量刷り込んで、ぬれたまま
ラップに包んでレンジでチン!600Wで5分くらいでできあがり!


また、店頭で、皮のついたまま、実の詰まったとうもろこしを
見つけるコツは、ヒゲです!ひげの数=実の数 だそうです。
ひげのふさふさしたとうもろこしを選ぶとGOODですよ音符



旬の美味しい季節に、茹でたとうもろこしを、実だけの状態にして、
冷凍庫に保存しておくと、長期保存できますピース

ぜひ、おためしください。

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 10:00レシピ