2017年07月24日

ひんやりビタミンスイーツ

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は真夏に失われやすいビタンミンCを野菜から、お手軽においしく摂取できるスイーツレシピをご紹介します。

「おどろくほど甘いミニパプリカで作る、ひんやりビタミンスイーツ」


材料 3人分
カクテルペッパー 3個
寒天 2グラム
水 500ml
砂糖 30グラム

作り方
①水に寒天を15分以上浸しておく。

②中火で寒天をかきまぜながら溶かして、砂糖をいれ一煮立ちさせます。

③最後に細かくきざんだ、カクテルペッパーをいれて、冷蔵庫で2時間程度冷やし固めたら、お好みの大きさに切って召し上がれ。


カクテルペッパーは彩りがよく、透明な寒天と一緒に冷やし固めると、暑い日にピッタリの涼しげな一品になります。

色鮮やかで、果肉に厚みがあり、とにかく糖度が高いカクテルペッパー。


栄養素的にも、たくさんのビタミンCが含まれています。


そのビタミンCを逃さないためにも、加熱時間は極力短めに調理するのがオススメ。


肌の日焼けや、風邪予防にも大切なビタミンC。
おやつや、朝ごはんなどでも、簡単に食べられる大きさと
食感なので、たくさん食べられそうです。


甘みが強いので、ピクルスにするのもおすすめです。
ピーマンが苦手なでも、美味しくたべられる、ミニパプリカ。

この茨城県産、飯田さんちのスイートカクテルペッパーは
やまのぶでのみご購入いただける商品です!
ぜひ、一度お試しください!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年07月10日

足すっきり!むくみ解消簡単The夏丼!

こんにちは。
やまのぶー子です。

気温が上がってくると、気になる夕方の足のむくみ。
そんな方におススメの簡単夏野菜レシピをご紹介します。

「さやいんげん&豚のThe夏丼」


【材料 2名分】

さやいんげん 10~15本程度
豚ミンチ   135g
片栗粉   大さじ1
酒     大さじ1
みりん   大さじ1  
さとう    大さじ1
しょうゆ   大さじ2
ねりしょうが 少々
ごはん  150g


【作り方】

1 いんげんの両サイドを落として、筋をとります。


2 フライパンで豚ミンチをよく炒め、しょうが、みりん、酒、砂糖、しょうゆを入れからめ、最後にさやいんげんを加え炒めます。





3 水溶き片栗粉でとろみをつけて、ごはんの上にのせたら出来上がりです。


お好みによってはとうがらしなどで辛味をつけてもおいしいです。

疲労回復効果のあるビタミンB1がたっぷりの豚肉と一緒に食べる、元気レシピです!



いんげんまめはβ‐カロテンという成分がたくさん含まれています。
β‐カロテンは体内で ビタミンAに変性する特徴があり、その効果も同時に得られるメリットがあります。
また抗酸化作用にも優れていて、メラニン色素の生成を抑える働きもあります。


紫外線が強いこの時期、メラニン色素が増えやすかったり、夏の暑さから活性酸素が増えやすかったり…。
いんげんを食べることにより、少し軽減することができます。


ビタミンAは、粘膜強化の役割もありますので、夏風邪予防に、
たっぷり含まれるカリウムの利尿作用で、体内の水分量を調節。
むくみの解消にも効果的なんです。

ごんべいの里のいんげんまめは、皮が柔らかく、青みや苦味も少なく、とても食べやすくなっています。



長時間加熱するとビタミンが失われてしまうので、短時間で調理するのがポイントです!

さっとゆでてそのまま、しょうがとしょうゆで、おつまみにもいかがでしょうか?




  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ