2017年08月21日

甘さひかえめ「ブルーベリーとヨーグルトの簡単手づくりシャーベット」

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、旬のブルーベリーで簡単にできる、冷たくておいしいおやつレシピをご紹介します。


「ブルーベリーとヨーグルトのシャーベット」
材料 (4人分)

・ヨーグルト 450g
・ブルーベリー お好み量
・はちみつ  大さじ5(量はお好みで)


つくり方
① ブルーベリーは適量をミキサーでペースト状にしておきます。
(残りは粒状のまま凍らせます)
② 器にヨーグルトとはちみつ、ブルーベリーのペーストをいれて、よくかき混ぜます。


③ 冷凍庫に②をいれて、6時間程度、凍らせてください。


④ 食べたい大きさに切って、上から凍らせたブルーベリーものせたら出来上がりです。


カロリーの低めのシャーベットで、甘さの調節もできるので毎日食べても安心です。

ブルーベリーといえば、目の疲れをとる!というのがよく知られていますね。
それ以外にも抗酸化作用により、疲れを落としてくれたり、老化防止の手伝いもしてくれます。

また、食物繊維とビタミンCがたっぷり含まれているので、夏の日焼け後のお肌ケアにも最適の果物です。


新鮮な状態で冷凍にすることで、栄養成分がぎゅっと詰まったままになり、冷蔵保管より栄養が維持できます。


購入いただいたら、その日のうちに冷凍にして、毎日少しづつヨーグルトにまぜてたべたり、そのままおやつで食べたりするのもおすすめです。


ぜひ、ごんべいの里の無肥料、無農薬の安心なブルーべリーをご利用ください!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年08月04日

オクラとエノキのサラサラ茶漬け



こんにちは。
やまのぶー子です。

夏休みまっただ中!
暑いこの時期にお勧めの簡単、さっぱりの夏野菜レシピをご紹介します。


『オクラとえのきのサラサラ茶漬け』

材料(3人前)
・オクラ 8本程度
・えのき 1袋
・白だし 大さじ5
・水   500ml
・かつおぶし 15g
・ごはん 150g


作り方
①オクラは塩もみで表面の産毛をとり、ふちの部分の面とりをして半分に切ります。

②えのきを食べやすい大きさにきります。


③なべにお湯をわかし、白だしをいれ、おくら、えのきを7分ほど中火で煮込む。



④ご飯の上から③をかけて、最後にかつおぶしを振ったら出来上がり。



冷やしてもおいしいサラサラご飯です。
冷やして食べる場合は多少白だしの量を多くしてもよいです。

食欲がなくなりがちな、暑い夏にとってもオススメ!


もっと、ねばりをだして、オクラが食べたい方は、オクラを細かく刻んで生のままでもOK!

オクラの栄養素には、疲労回復、免疫力アップ、整腸効果、消化吸収の働きをしてくれるものが、たくさん含まれています。

独特の粘り気が特徴的な緑黄色野菜。

そんなオクラはまさにビタミンと食物繊維の宝庫なんです。

その中には 、ビオチンという成分が含まれており、この成分は、糖質の代謝に関わる成分で、疲労物質の乳酸を再度、糖質に作り変える働きがあります。

糖質はエネルギー源ですから、ビオチンは疲労回復に有効です。
また、ビオチンは三大栄養素の吸収のお手伝いもしてくれます。

オクラは生でも召し上がっていただけますので、長時間加熱の必要がないのでビタミンも逃げにくく、ビタミン補給におすすめの緑黄色野菜です。


また、オクラに含まれているムチンには、粘膜を保護する作用もあります。
夏バテ防止ぜひ、食べてほしい旬の野菜です。




  


Posted by やまの ぶー子さん  at 13:21レシピ