2018年02月26日

セレブ女性に大人気♬カリフラワーレシピ


こんにちは。
やまのぶー子です!

もうすぐ桃の節句。
春まであと少しのところまできていますね。
まだまだ、雪やみぞれのチラつく日もあって、風邪には要注意ですが、みなさん、お野菜の高騰にあたって、ビタミンが不足気味になっていたりしませんか?

今日はビタミンたっぷりのお野菜をつかった、レシピをご紹介します。

「カリフラワーの白味噌焼き」

材料(1人分)

カリフラワー5カケ
白味噌 大さじ1
砂糖 小さじ1
一味唐辛子 少々
とろけるチーズ 10g程度
塩 小さじ1

作り方

① カリフラワーを一株ずつ切りわけます。
そのあと、沸騰したお湯に塩を小さじ1入れて約2分ほど茹でます。


②白味噌と砂糖、一味唐辛子を練り合わせておきます。


③耐熱皿に①と②をのせて、チーズをのせてオーブン180℃で15分焼いたらできあがりです。




ピリ辛甘味噌が、さっぱりとしたカリフラワーによく合います。
少し固めに茹で上げておくと、オーブン焼きにしたときも、歯ごたえがのこり、おいしくなります。

もう少しボリュームを出したいときは、一緒に、にんじんやじゃがいもの茹でたものを焼き上げるといいと思います。


カリフラワーとブロッコリー、どっちにしようか悩むんだよね~というかたも多いですよね?

確かに、ブロッコリーは緑黄色野菜ですし、栄養価が高い気がします。

でも、カリフラワーも負けてはいません。
ビタミンCがたっぷり含まれています!

風邪予防や、美白効果に最適のビタミンC!
でも、多くの野菜が、加熱によってビタミンCがぬけてしまうことが多々あります。


しかし、カリフラワーは組織がしっかりしているので、加熱してもレモンくらいの量を摂取することができるのです。


そのほかにも、カリフラワーは、抗酸化作用が強く、アンチエイジング作用も抜群です。

女性に人気の秘訣はココですね!

アクの少ない野菜なので、食べやすいですし、調理もしやすいので、おすすめです!


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2018年02月12日

おつまみにピッタリ!しいたけの簡単ビザ!


こんにちは。

やまのぶー子です。

節分も終わり、なんとなく、年始の忙しさも落ち着きのんびりした気分で豆まきを楽しんだぶー子です。
みなさん今年の鬼役はだれでしたか?

今日は、とっても分厚い肉厚のしいたけが入荷してきているので、お手軽で簡単なメニューをご紹介します。

「しいたけとツナの簡単ピザ」

材料(1人分)

しいたけ 2個
ツナ缶  1/2缶
とろけるチーズ 1枚
塩・こしょう 少々

作り方
① しいたけの硬い部分を切り落とし、かさの部分に切り込みを×と入れる。
裏がわに塩とこしょうをふり、ツナをつめる。





② ①にふたをするように、とろけるチーズを半分にカットしてのせる。



③ オーブンで 180℃で8分焼いたらできあがり。



調理時間は5分程度と本当にお手軽で、簡単に作れます。

ガッブとかぶりつくと、じゅわ~としいたけの旨み汁と、ツナの汁が混ざり合い、とってもおいしいです。



おかずにするのではなく、つまみにする場合は、少し塩・こしょうを多めにかけたほうがおいしいと思います。

肉厚のあるしいたけならではの、レシピです。

しいたけは、実は子供が成長するのにぴったりの、優れた成分がしっかり入っているのをご存知ですか?

骨を丈夫にする、ビタミンDがたっぷりふくまれています。
そのほかにも、ビタミンDは、イライラを抑える、効果や、脳の発育をたすけてくれる効果もあります。


食物繊維もたっぷり含まれているので、
女性の便秘解消や、美容にも最適です。

普段は干ししいたけを使っている方も、たまには、生しいたけのふわっとした食感をたのしんでみてはいかがでしょうか?

また、しいたけには”エリタデニン”という成分が含まれています。

エリタデニンは血中のコレステロール量を低下させる作用があり、動脈硬化の予防になります。

このエリタデニン、キノコの中でも現在マッシュルームとしいたけにしか無いことが分かっており、マッシュルームにはごく微量しかない為、しいたけ特有の成分といわれています。

ダイエットのお手伝いをしてくれるので、日々の料理の1品にお使いください。

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ