2018年03月26日

お花見お弁当のおかずにおススメ!

こんにちは。
やまのぶー子です。

桜のつぼみがどんどん膨らんできていますね!

お花見まであと少し!!
主婦のみなさんは、お花見弁当の中身をどうしようかなぁ?なんて毎年お悩みではなかったですか?

今日は、そんな時におススメの、ちょっと便利な「あおさのり」をご紹介します。

「あおさのりのだしまきたまご」

材料(2人分)

たまご 4玉
あおさのり 5g
白だし 大さじ1

作り方

①たまごを割りよくかき混ぜます。
その後、白だしをいれて、さらにかき混ぜます。



② ①の中にあおさをいれ、さっとまぜあわせ、弱火でゆっくりと焼き上げます。







あおさのりがふわっとかおる、卵焼き。
磯の味が卵焼きの風味をさらにひきたててくれます。

乾燥されているので、使いやすく、巻きやすいのでとても便利です。

量も調節可能です。


あおさのりは海藻で栄養価もたくさんあります!

糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出してくれる働きをします。

疲労回復に役立つビタミンB1や細胞の新陳代謝を促進、皮ふや粘膜の機能維持や成長に役立つビタミンB2、貧血予防の鉄、また、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンである葉酸やビタミンB12を含みます。



さらに、抗酸化ビタミンであるビタミンC、ビタミンEを含みます。
動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。
また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルであるカルシウムやリン、マグネシウムなどを含みます。カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

あおさ(あおさのり)は、機能性のある栄養としてカロテノイドの一種のβ-カロテンを多く含みますので強力な抗酸化作用を期待できます。


こんなにも沢山の栄養価があるので、いつものお弁当のおかずにも、ぜひ、このあおのり入りの玉子焼きをおかずの1品にしてみてください。  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2018年03月12日

妊婦さんにオススメ!春の菜の花料理!



こんにちは。
やまのぶー子です。

花粉症に悪戦苦闘しながら、春を迎えていらっしゃる方も多いのではないしょうか?
私も花粉症なので、毎年、なるべくビタミン摂取を心がけながら楽しく春を過ごしていますよ♪

今日は、ビタミン&妊婦さんにおすすめの葉酸がたっぷり入った、菜の花のレシピをご紹介します!

「菜の花のサーモンマリネ」

材料 (4人分)

菜の花 1袋
サーモン 200g
オリーブオイル 大さじ3
塩    小さじ1
ブラックペッパー お好み量

作り方
①菜の花を食べやすい大きさにきります。


②沸騰したお湯に塩をいれ、茎の部分が柔らかくなるまでゆでます。
 ゆで終わったら、氷水につけて冷まし、しっかりと絞ります。



③サーモンは一口大に切っておきます。


④オリーブオイル・塩小さじ1・ブラックペッパーをボールにいれてよくかき混ぜます。


⑤その後すべて混ぜあわせたらできあがりです。




前菜にぴったりの1品です。
なばなのほろ苦い感じをマリネにすることで、多少和らいだ状態で食べることができます。
今回サーモンを使いましたが、お嫌いな方は、マグロだったり、たこだったりお好きなものをまぜてみてください。

サラダ感覚でおいしく食べられます。


春の野菜として代表的な菜の花は、栄養素のバランスが非常に良く、抗酸化作用のあるビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含み、特にビタミンCはホウレンソウの4倍近く含まれます。

ビタミンCは、美肌効果はもちろん、花粉症の症状を緩和するのにも効果的です。

また、葉酸・ビオチン・鉄の含有量も野菜類の中ではダントツです。

葉酸には胎児の正常な発育を助ける働きや貧血の予防、鉄には貧血の予防や肝臓の解毒作用、ビオチンは脱毛や白髪を予防し、疲労回復効果があります。

つぼみの部分を取り除いてしまう方も見えますが、実はつぼみの部分にも、ガン予防にオススメのグルコシノレートという成分が含まれていますので、取り除くのではなく、一緒に食べてしまうのがオススメです!


苦味がどうしても苦手という方は、長い時間氷水につけると多少ですが、苦味が和らぎますのでお試しください!



  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ