2018年04月23日

生しょうがの身体ポカポカ炊き込みご飯♬

こんにちは。
やまのぶー子です。

20℃を超え、日中汗ばむ日が増えてきましたね。

地域によっては、運動会が行われるシーズンです。

家族みんなで応援に行き、みんなでお弁当!なんていうこともありますよね?

そんな時、子どもさん向けの料理だけでなく、祖父母の方向けのちょっとした、炊き込みご飯はいかがでしょうか?

「桜えびと生しょうがのさっばりごはん」


材料 (2人前)

しょうが お好み量
お米 一合
桜えび 5g
みりん 大さじ1
めんつゆ 大さじ 2

つくり方
①お米を洗って、水につけおきます。1時間たったら、ざるに上げておきます。

② 桜えびを、から炒りして少し色がかわるまで、火を通します。


③しょうがは、細かくきざんでおきます。


④①を炊飯器にいれ、みりんとめんつゆをいれ、いつもの水量までいれて炊き上げます。

⑤通常どおり炊き上がったら、出来上がりです。


しょうがの香りがとても、食欲をそそる炊き込みご飯です。
少ししゃっきりした歯ごたえものこり、桜えびとの相性も抜群です。

簡単なのがなにより、おススメです。



しょうがといえば、「カラダを温める効果」が有名です。
しょうがの辛味成分である「ジンゲロール」に、カラダを温める効果があります。
カラダの体温が高まることで、血流が良くなり代謝が上がります。


そのほかにも「ショウガオール」という成分があります。
ショウガオールというのは、ジンゲロールを加熱することによって生まれる辛味成分で、ジンゲロールよりもカラダの代謝を高める作用が強い成分です。
ダイエットや冷え性の人に嬉しい作用です。
ショウガオールは、しょうがを加熱して増えるので、しょうがは生もよいですが、加熱もおススメです。


ぜひ、色々なメニューでお試しください!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2018年04月09日

神秘の岩塩で身体のデトックスはいかが?




こんにちは。
やまのぶー子です。

桜もあっという間に満開を迎え、夏の準備にむけて気温が上昇してきている今日この頃。

汗ばむ季節を前に、今日は、身体におすすめの塩をご紹介します。

“ヒマラヤ岩塩 神秘のチェリーソルト”


こちらの岩塩をつかった美味しいレシピは超簡単です。

材料

スナックえんどう
ヒマラヤ岩塩

作り方

①スナックえんどうのすじをとります。

②沸騰したお湯に塩を少しいれ、さっと①をゆでます。



③②を氷水につけ、その後、岩塩のみをかけて完成です。





料理というほどの料理ではないですが、岩塩の甘さがしっかりと感じることができ、スナックえんどうがまるでお菓子のように食べられるレシピです。

油などもつかわないので、ヘルシーです!
お弁当などに入れていただくのも、色どりがよくおすすめです。


塩には色々な種類があり、どれをつかったらいいのか?と迷うことがあると思います。

岩塩とは、海水が化石化したものです。


このヒマラヤ岩塩は、パキスタン産のピンク色の岩塩で複数のミネラルがふくまれています。

自然に含まれたミネラルなので、人間の身体に含まれているミネラルに近く吸収しやすいといわれています。

この吸収されたミネラルが身体のなかで溶け、余分な水分や脂肪などを排出する手伝いをしてくれます。
そのため、ほかの塩と比べ、デトックス効果が高いのが特徴です。

そのほかにも、身体のPHバランスを整え、免疫力を高めたり、安眠の手伝いをしてくれたりもします。


これから暑い季節にむけて、脱水症状にならないように、水分と岩塩をうまく摂取していきたいですね。


  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ