2018年06月11日

愛知の野菜「かりもり」のさっぱり煮物

こんにちは。
やまのぶー子です。

先日テレビを見ていたら、“おふくろの味”というものを特集していました。

そのとき、ぶーこがふと思い浮かべだのは、“かりもり”をつかった料理でした。

夏になるとよく食卓にならんでいたのを思いだしました。

そこで今日は、“かりもり”を使った料理をご紹介します。


「かりもりのそぼろ煮」

材料(1人分)

かりもり 1/8個
肉ミンチ 100g
しょうゆ 大さじ3
みりん  大さじ2
砂糖  大さじ2
白だし  大さじ1


つくり方
①かりもりの皮・たね・わたを取り除き、一口大の大きさに切ります。



②なべにかりもりとひたひたの水と白だしをいれ、やわらかくなるまで煮込みます。



③やわらかくなったらミンチをいれ、アクを取り除きながら、しょうゆ、さとう、みりんで味付けしたらできあがりです。



ちょっと薄味で仕上げてあります。
かりもりのさっぱり感を残したおかずメニューです。




かりもりは愛知県を中心に作られてきている瓜の一種で、「あいちの伝統野菜」にも認定されているそうです。


まさしく愛知の母の味なんですね。

冬瓜ほどやわらかくもなく、みなさんお漬物にしたりすることが多い野菜です。



主な栄養成分としては、ビタミンC、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。

これからの季節に失いやすい、ビタミンCやカリウムの補給にはぴったりのお野菜です。


ぜひ、色々とお試しください。
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ