2019年03月18日

シンプル!それが一番のプレミアム!


こんにちは。

やまのぶー子です。

桜のつぼみが膨らみはじめ、開花まであとわずか!

春の訪れがとってもうれしいぶー子です。


突然ですが、みなさん朝ごはんは、何派ですか?


和食派?洋食派?シリアル派?
以前新聞で、朝起きられないという理由で食べないまま学校に行ってしまう子供さんも結構多いと読んだことがあります。


その為、最近では手軽に食べられる、シリアルがとっても人気で種類もたくさん販売されるようになりました。
その中でも最近よく売れているシリアルを今日はご紹介させてください。



とってもシンプルなパッケージのこちら!

“プレミアムコーンフレーク ビターチョコ”

えっ?と感じたかたも多いのではないでしょうか?


シンプルですよね?パッケージ!
私も初めて見たときには驚きました。
あまりにもシンプルで・・・。


このごろのシリアル系のパッケージは明るめの鮮やかな感じのものが多く、逆に売り場では、シンプルなものが目立つくらいです。



中身はしっかりとした、黒いコーンフレークが入っています。
洋菓子店で使うような、高級なココアパウダーとココアバターが使用されているそうです。


コーンフレーク自体は、北海道産全粉乳を使用してある、甘さ控えめのコーンフレークが使われています。



今まで食べてきているコーンフレークのチョコ味とは違い、本当に甘さ控えめです。
でもしっかりチョコの味、ちょっぴりビターなココアの味は感じられます。


コーンフレークは、かりっとしたタイプで、牛乳にしばらく浮かべておいてもすぐにシナシナした感じにはなりません。


そこが私の好きな部分でもあります。


朝から甘すぎるのはちょっと食べられない・・・という方でも、食べやすい甘さだと思います。




ほかにも、プレーンやいちごなど種類がありますので、
ぜひ、好きな種類で食べてみてください!

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年03月04日

今が旬の“菜の花”をちょっとおしゃれに・・・

こんにちは。
やまのぶー子です。

暖かい日が少しづつですが増えてきました♪

梅の花もすこしずづ開花しはじめ、春の足音がすぐそこまできていますね!

今日は、夕食の食卓にぜひ、一足早い春を感じてほしいと思い、
“菜の花”を使ったレシピをご紹介しようと思います。

「菜の花のチーズ巻き」


材料(1人分)

菜の花  2本
生春巻きの皮 2枚
ビアソーセージ 4枚
クリームチーズ 4個

作り方
① 菜の花は沸騰したお湯に少し塩を入れてから約1分ほどゆで、氷水の中で冷やします。




②①の水をよくしぼり、生春巻きの皮の上に、
ビアソーセージ、クリームチーズ、菜の花と順番に並べます。



③②をくるくると巻き、最後は水でペタっと止め、食べやすい大きさにカットしたら出来上がりです。


菜の花特有の苦味が、クリームチーズと一緒だととても食べやすくなります。
お酒のおつまみにもぴったり♪

なによりお手軽で簡単なので、急な来客でも対応しやすく
旬を取り入れることによって、料理上手度UP!

菜の花というと季節的な野菜という印象が強いのですが、
カリウムや鉄分などのミネラルが他の野菜より多く、
ビタミンCはほうれん草の3倍以上、β-カロテンはピーマンの5倍あるという
栄養価の優れた緑黄食野菜なのです。

鉄分や食物繊維がたっぷりなので、
妊婦さんや、貧血症の方にはおすすめのお野菜です。


なかなか、1回で使い切れないのよね・・・。という奥様に
ぜひ試していただきたい保存方法は、
湿らせた新聞紙かキッチンペーパーに包んで、
冷蔵庫の野菜室に保管すれば2~3日は日持ちします。
さっとゆでたものをラップにくるんで冷凍すると長期間保存可能です。


旬の季節に多めに購入して冷凍保存するのをおすすめします。

ぜひおためしください。
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ