2019年07月15日

食中毒予防にもおすすめ!「新生姜の甘露煮」でお弁当対策♪

こんにちはにこにこ
やまのぶー子です。

ジメジメ感たっぷりの今日この頃。
この季節は仕方ない事と思いながらも、やはりどんよ~りした気分になりがちですね号泣

私も毎日お弁当を作っていますが、気になるのが食中毒。
真夏も気になりますが、この湿度の高い季節は特に気になります。

そのために、毎年食中毒予防&食欲改善のために私が作るレシピを今日はご紹介しますキラン

『新生姜の甘露煮』





【材料(1回分)】

・新生姜    250g前後
・かつおぶし  5g
・みりん    大さじ3
・醤油     大さじ3
・三温糖    お好み

【作り方】

① 新生姜をよく洗い、皮をむいて薄切りにします。
(しょうがの辛味のお好きな方は多少厚めに、苦手な方はスライサーなどで薄切りにしたり、細かく刻んでしまうのもおすすめです)


② フライパンか鍋に①をいれて炒めます。水分が出始めたら、みりん、しょうゆ、三温糖もいれさらに炒めます。







③ しょうががしんなりしてきたら、かつおぶしをいれよくかき混ぜて終了です。






甘露煮ですので保存容器にいれ、冷蔵庫で保管すると1週間以上は日持ちします。
我が家ですとお弁当の白いご飯の隅に3切れくらいずつ入れておきます。

甘辛なので食べやすく、梅干しばかりだと飽きてしまうため、交互にいれたりしています。

たまに白ごまをいれて一緒に炒めることもありますよ。



しょうがは体の体温を上げて代謝をよくする働きがあることは、有名だと思います。

その作用の一つに、内臓の働きもよくしてくれて、夏の冷たい飲み物などで胃腸を壊しやすい方にも、ぜひ食べていただきたいものの1つでもあります。




また、抗菌作用がつよく、食中毒の予防だけではなく、風邪などの予防にもおすすめ。

女性の方にはアンチエイジングや、冷え性予防にもおすすめできる食材です。
たくさんの新生しょうがを購入してシロップ漬けにし、年間通して飲み続けるのもおすすめできます。

実際は、日々10gを摂取するのがいちばん良いそうなので、そうめんの薬味や料理の薬味に少しつづ使うなど、
一度にたくさんではなく、日々すこしづつ摂取してみてください。




  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ