2019年09月16日

秋 満載!秋鮭とさつまいものパスタ!

こんにちは。
やまのぶー子です。

この前街でとんぼを見かけました!
もう秋だなぁ・・・なんて感じていたら、新米が店頭に入荷。

しっかり秋を感じている、ぶー子です。

今日は、お魚コーナーに秋を運んできてくれています「秋鮭」をつかってメニューをご紹介します。

「秋鮭とさつまいものパスタ」


【材料(1人前)】

・パスタ 100g
・秋鮭  1切れ
・さつまいも 1/3カット
・塩     少々
・レモン汁  少々
・こしょう  少々
・バター   35g


【作り方】

① フライパンにバターをいれ、秋鮭を両面焼きます。焼きあがったら、塩とこしょうで味付けをします。



② さつまいもは薄切りにし、塩水でアク抜きをしてから、こまかく切って、ゆで上げます。




③ パスタはゆでておきます。


④ 秋鮭の身はほぐしてフライパンにいれ、さつまいもとパスタとバターで和えながら炒め、最後に塩こしょうとレモン汁で味をからませたらできあがりです。




シンプルな味付けで、さつまいもの甘みや、生の秋鮭ならではのふんわりとした身の部分が楽しめます。



秋鮭は消化・吸収の良いとても良質なタンパク質をたくさん含んでます。

秋鮭のなかに含まれるている成分に、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)があり、この2つは、血中のコレステロールを抑えて血液の流れを良くし、動脈硬化や血栓、高血圧を予防してくれます。

DHAについてはそれだけではなく、脳の細胞を活性化させ、ボケを予防する効果も期待されています。


ほかにも、秋鮭には栄養素の代謝を促すビタミンB群や、カルシウムの骨への吸収を進めるビタミンDが豊富に含まれています。

さらに、抗酸化の力で細胞を守るビタミンEが多いのも特徴です。

肌も綺麗になりますし、風邪予防や高血圧対策にもつながる魅力てきな秋鮭。


秋鮭の皮の裏部分についている、透明な身の部分はコラーゲンです。
お肌のハリ、つやにも必要な成分ですので、食べられる方は、皮ごと食べてしまうことをおススメします。

塩鮭と違い、生鮭は色々な料理のレパートリーも増えます。
チーズとも相性がとてもよいので、グラタンなどにも、ぜひお使いください。

  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2019年09月02日

ズッキーニかぼちゃで可愛いおかず♪女子力高めのおつまみです♪

こんにちは。
やまのぶー子です。

朝晩かなり涼しくなってきましたね。
日中の暑さに対し、窓をあけて寝ると、朝方には少し布団がほしくなる今日この頃。

夏バテ気味だった方も、少しづつ食欲回復してきているのではないでしょうか?

とはいえ、まだまだビールも美味しい季節。

簡単でちょっと可愛いおつまみの作り方をご紹介します。

「ズッキーニかぼちゃのチーズカップ焼き」


【材料(1人分)】

・ズッキーニかぼちゃ 1/2個
・ウィンナー 4本
・塩こしょう お好み量
・とろけるチーズ お好み量
・サラダ油  大さじ1


【作り方】

①ズッキーニかぼちゃを半分に切ります。


②中のわたと種を取り除きます。


③ウインナーはお好みの大きさに切って、油を多めに敷いたフライパンで炒めます。
塩こしょうを多めにふっておきます。


④②の中に③をいれて、上からとろけるチーズをかけます。





⑤180℃のオーブンで20分焼きあげたら出来上がりです。



みんなでシェアしながら食べられる、可愛いおつまみの出来上がりです。

ズッキーニなので皮もやわらかく、チーズとの相性もよいのが特徴で、器ごと食べられるところがとても面白いです。



ズッキーニには、「カリウム」という成分が多く含まれています。

カリウムは、利尿効果がとても高いため高血圧予防やむくみ解消効果があります。
ついつい飲みすぎてしまうビールも、外に排出しやすくしてくれるので、頼もしい野菜です。



その他にも、カロチンという成分もあり、免疫力の強化や皮膚や粘膜の強化、風邪の予防にも効果があります。

食物繊維や葉酸も含まれているのが特徴です。


葉酸の効能としては貧血を予防・改善しますし、ビタミンB群は代謝を促しますので、老化予防にも効果的です。
もちろん、妊娠中の方には必須の栄養素です。

色々な成分が含まれていることにより、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、夏バテ防止、抗酸化作用などがあります。


この季節にぜひ食べてほしいおすすめの野菜です。



  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ