2014年11月27日

免疫力アップ!麻婆サトイモ!

こんにちは。
やまのぶー子ですウィンク

今日は、旬の野菜『さといも』をつかって、
簡単レシピをご紹介します音符
免疫力アップ!麻婆サトイモ!

材料 (3人分)

・さといも 3~4個
・ひき肉  130g
・たまねぎ 1玉
・麻婆のタレ 1箱

作り方
①さといもは皮をむき、ひとくち大にする。
レンジで加熱(800w 5分)。やわらかくする。
免疫力アップ!麻婆サトイモ!

②たまねぎをみじんぎりにして、フライパンでたまねぎ、ひき肉を炒め、火が通ったら、①をいれる。
免疫力アップ!麻婆サトイモ!

③麻婆のタレを②に混ぜ合わせたら出来上がり!
免疫力アップ!麻婆サトイモ!

免疫力アップ!麻婆サトイモ!

調理時間も短く、とっても簡単につくれます!

ご飯の上に、直接かけてもOK音符.

一口大にした、もっちりしたさといもに
麻婆のタレがよく絡み、美味しいです。キラン


里芋はナトリウム(塩分)を排泄する役割がある、
カリウムを多く含んでいます。
そのため、高血圧に効果があります。
それだけではなく、コレステロールの生成を
抑制する成分もあるというので、驚きです!

免疫力アップ!麻婆サトイモ!

ただ、さといもを扱うと、妙に手がかゆくなる方?!いませんか?
ぬめりが原因?と思いがちですが、違います!
実は、さといもの成分で、
シュウ酸という成分があり、そのシュウ酸が
刺のような形の結晶になっているため、皮膚に刺ささるんだそうです。

かゆみを感じる方は、ゴム手袋をはめて、さといもを扱うと安心です。

さといものぬめりは、「ムチン」「ガラクタン」「マンナン」という成分によるものです。
ムチンは胃腸の粘膜を保護したり
細胞を活性化する作用があるといわれています。
ガラクタンは水溶性食物繊維で、免疫力を高めたり、
血中のコレステロールの抑制、便通をよくする働きがあるとされます。
マンナンも便秘予防や糖尿病予防などに
効果があるといわれています。


ぬめりが大切なんですね~ピース

扱いが面倒だからと、嫌わないであげてくださいねがびーん


さといもは低温と乾燥に弱いので、
こらからの季節は新聞紙に包んで冷暗所で保存します。
新聞紙で包んだものを発泡スチロールの箱や
段ボール箱などに入れておいてもOKキラン
その際、新聞紙を軽く湿らせておくと乾燥を防げます。
夏場は泥をきれいに洗って乾かし、新聞紙で包んで
冷蔵庫の野菜室に入れ、できるだけ早く使い切るといいそうです。
免疫力アップ!麻婆サトイモ!


冷凍して長期保存も可能です。
その場合は、ゆでてから冷凍します。
皮をむいて串がスッと通るかたさに加熱し、
冷めたら水気をしっかりふきます。
さといもに水分がついていると、冷凍したときに
芋同士がくっついてしまうので気をつけてくださいわーい


時間のあるときに、いっぱいさといもを冷凍にしておけば、
お手軽に日々のメニューに使うことができるので、とっても便利ですよハート

ぜひ、お試しくださいウィンク



同じカテゴリー(レシピ)の記事画像
秋 満載!秋鮭とさつまいものパスタ!
ズッキーニかぼちゃで可愛いおかず♪女子力高めのおつまみです♪
ネバネバ丼でスタミナ回復!!万能昆布旨辛ぽん酢!!
もっちり感抜群!グルテンフリーのお好み焼き。
食中毒予防にもおすすめ!「新生姜の甘露煮」でお弁当対策♪
疲労回復!アスパラガスときゅうりのさっぱり冷静スープ
同じカテゴリー(レシピ)の記事
 秋 満載!秋鮭とさつまいものパスタ! (2019-09-16 09:00)
 ズッキーニかぼちゃで可愛いおかず♪女子力高めのおつまみです♪ (2019-09-02 09:00)
 ネバネバ丼でスタミナ回復!!万能昆布旨辛ぽん酢!! (2019-08-20 15:00)
 もっちり感抜群!グルテンフリーのお好み焼き。 (2019-08-05 09:00)
 食中毒予防にもおすすめ!「新生姜の甘露煮」でお弁当対策♪ (2019-07-15 09:00)
 疲労回復!アスパラガスときゅうりのさっぱり冷静スープ (2019-07-01 09:00)

Posted by やまの ぶー子さん  at 11:00 │レシピ