2017年06月26日

おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

こんにちは。
やまのぶー子です。

店頭に、この季節に人気の“ベビーコーン”が並び始めました。

「ベビーコーンってどうやって食べるの?」とよく聞かれます。
そこで、今日はベビーコーンを使った簡単レシピ!

「肉巻きベビーコーン」
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン


材料(2~3人分)

・ベビーコーン 6本
・豚肉のうすぎり 6枚
・塩
・あらびきこしょう
・油

作り方

①ベビーコーンの頭の部分(ひげ)をカットして、皮がついたまま沸騰したお湯で1~2分ゆでます。


②ゆであがったら、皮とひげをとって、ベビーコーンだけにします。
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

③ベビーコーンに豚肉の薄切りを巻きつけ、油をひいた、フライパンで焼きます。途中で塩とあらびきこしょうをふります。
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

④肉に焦げ目がついたら出来上がりです。
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

ベビーコーンは、ゆであがったあと、皮をむいてそのまま食べてもOKです。

ベビーコーンはその名前の通り、とうもろこしの赤ちゃんです。

マンガンとカリウムの成分の割合が高く、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、脂質も含まれています。
他にはリノール酸、葉酸、食物繊維をたくさん含んでいます。
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

ひげの部分も、捨ててしまいがちですが、
茶色の部分だけ切り取り、茹でてめんつゆで食べるとおいしいですよ~♪
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン
ひげの部分は、漢方にも使われており、利尿作用が期待できます。
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

ベビーコーン含まれるリノール酸は脂肪酸のひとつで、体内では合成されない成分です。
リノール酸はコレステロールを低下させ、動脈硬化の予防に効果があります。
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

またビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きをし、ビタミンB2は成長に効果があります。
比較的多く含まれている食物繊維は、便秘の改善や美容に効果的です
おつまみにピッタリ!簡単♪肉巻きベビーコーン

ひげ部分だけアルミで巻いて、皮ごとグリルで焼いてもグッドです!

旬の今だけの味です。
店頭でみかけたら、ぜひ試してみてください!



同じカテゴリー(レシピ)の記事画像
食欲改善!汗かきながら!麺類レシピ!
ふわふわ柔らか手作りパン!まねきねこの湯種食パン!
春を感じる簡単レシピ!そら豆と新たまねぎのオーブン焼き!
新生活の疲れをケア♪簡単「手羽先」で疲労回復♪
春キャベツたっぷりペンネ♪
減塩を気にされている方におススメ!“塩さばフレーク”
同じカテゴリー(レシピ)の記事
 食欲改善!汗かきながら!麺類レシピ! (2019-06-17 09:00)
 ふわふわ柔らか手作りパン!まねきねこの湯種食パン! (2019-05-27 09:00)
 春を感じる簡単レシピ!そら豆と新たまねぎのオーブン焼き! (2019-05-20 09:00)
 新生活の疲れをケア♪簡単「手羽先」で疲労回復♪ (2019-04-25 16:12)
 春キャベツたっぷりペンネ♪ (2019-04-15 09:00)
 減塩を気にされている方におススメ!“塩さばフレーク” (2019-04-01 09:00)

Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00 │レシピ