2018年01月29日

生きくらげのパスタ

こんにちは。
やまのぶー子です。

寒さの為か、お肌のカサつきが気になる季節ですね。
顔だけでなく、足や手もカサカサするので、毎日保湿クリームが手放せません。

身体の中から、しっとりできる方法はないのかなぁと思い、探してみたところ、おすすめの食べ物をみつけました!!

今日はそのおすすめの食材をつかったレシピをご紹介します。

「生きくらげと明太子のパスタ」


材料(2人分)

生きくらげ 1パック
明太子 2本
パスタ 200g
油 大さじ3
塩 少々
ブラックペッパー 少々

作り方
① 生きくらげを熱湯でゆでます。パスタもゆでます。


② ゆであがった、生きくらげを細切りにします。


③ フライパンに油をひき、きくらげ、明太子、パスタをいれてまぜあわせ、塩とブラックペッパーで味付けしたら出来上がりです。





コリコリしたきくらげの食感と、明太子のプチプチした食感が楽しめるパスタです。
ちょっと塩とブラックペッパーの味付けを濃いめにしたほうが美味しいです。
生きくらげは、臭みもなく、明太子との相性はバッチリです。

きくらげは、食物繊維がとてもたくさん含まれています。
しかも、水に溶けにくいため、腸に届き腸を活性化させることが出来き、便秘対策におススです。


さらに、ビタミンDとカルシウムが豊富です。
ビタミンDは免疫力をアップさせてくれるビタミンです。
風邪予防にも大切ですし。
美肌にするお手伝いをしてくれます。

アレルギー対策やうつの予防にも効果があると言われていわれているので、これからの花粉症シーズン前から、摂取しておくと効果的ですね!


また、カルシウムもたくさんふくまれています。
カルシウム=牛乳を思い浮かべるかと思いますが、実は、きくらげのほうがグラム換算のカルシウムは牛乳よりも多いそうです。

カルシウムは、骨を強くし、骨粗しょう症の改善や健康維持に役立つ栄養素なので、女性や成長期のこどもさんにも必須の栄養です。

ぜひ、色々な料理にいれてみてください。




同じカテゴリー(レシピ)の記事画像
畑の肉で、元気回復!がんもどきの簡単レシピ!
暑いからこそ!火いらず料理!!
さっぱり、簡単赤しそ茶漬け
もちぶた夏バテ予防ハンバーグ!
愛知の野菜「かりもり」のさっぱり煮物
新鮮!おいしい!オイスカの卵パスタ!
同じカテゴリー(レシピ)の記事
 畑の肉で、元気回復!がんもどきの簡単レシピ! (2018-08-13 09:00)
 暑いからこそ!火いらず料理!! (2018-07-30 09:00)
 さっぱり、簡単赤しそ茶漬け (2018-07-16 09:00)
 もちぶた夏バテ予防ハンバーグ! (2018-06-25 09:00)
 愛知の野菜「かりもり」のさっぱり煮物 (2018-06-11 09:00)
 新鮮!おいしい!オイスカの卵パスタ! (2018-05-28 09:00)

Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00 │レシピ