2018年02月26日

セレブ女性に大人気♬カリフラワーレシピ


こんにちは。
やまのぶー子です!

もうすぐ桃の節句。
春まであと少しのところまできていますね。
まだまだ、雪やみぞれのチラつく日もあって、風邪には要注意ですが、みなさん、お野菜の高騰にあたって、ビタミンが不足気味になっていたりしませんか?

今日はビタミンたっぷりのお野菜をつかった、レシピをご紹介します。

「カリフラワーの白味噌焼き」

材料(1人分)

カリフラワー5カケ
白味噌 大さじ1
砂糖 小さじ1
一味唐辛子 少々
とろけるチーズ 10g程度
塩 小さじ1

作り方

① カリフラワーを一株ずつ切りわけます。
そのあと、沸騰したお湯に塩を小さじ1入れて約2分ほど茹でます。


②白味噌と砂糖、一味唐辛子を練り合わせておきます。


③耐熱皿に①と②をのせて、チーズをのせてオーブン180℃で15分焼いたらできあがりです。




ピリ辛甘味噌が、さっぱりとしたカリフラワーによく合います。
少し固めに茹で上げておくと、オーブン焼きにしたときも、歯ごたえがのこり、おいしくなります。

もう少しボリュームを出したいときは、一緒に、にんじんやじゃがいもの茹でたものを焼き上げるといいと思います。


カリフラワーとブロッコリー、どっちにしようか悩むんだよね~というかたも多いですよね?

確かに、ブロッコリーは緑黄色野菜ですし、栄養価が高い気がします。

でも、カリフラワーも負けてはいません。
ビタミンCがたっぷり含まれています!

風邪予防や、美白効果に最適のビタミンC!
でも、多くの野菜が、加熱によってビタミンCがぬけてしまうことが多々あります。


しかし、カリフラワーは組織がしっかりしているので、加熱してもレモンくらいの量を摂取することができるのです。


そのほかにも、カリフラワーは、抗酸化作用が強く、アンチエイジング作用も抜群です。

女性に人気の秘訣はココですね!

アクの少ない野菜なので、食べやすいですし、調理もしやすいので、おすすめです!





同じカテゴリー(レシピ)の記事画像
畑の肉で、元気回復!がんもどきの簡単レシピ!
暑いからこそ!火いらず料理!!
さっぱり、簡単赤しそ茶漬け
もちぶた夏バテ予防ハンバーグ!
愛知の野菜「かりもり」のさっぱり煮物
新鮮!おいしい!オイスカの卵パスタ!
同じカテゴリー(レシピ)の記事
 畑の肉で、元気回復!がんもどきの簡単レシピ! (2018-08-13 09:00)
 暑いからこそ!火いらず料理!! (2018-07-30 09:00)
 さっぱり、簡単赤しそ茶漬け (2018-07-16 09:00)
 もちぶた夏バテ予防ハンバーグ! (2018-06-25 09:00)
 愛知の野菜「かりもり」のさっぱり煮物 (2018-06-11 09:00)
 新鮮!おいしい!オイスカの卵パスタ! (2018-05-28 09:00)

Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00 │レシピ