2018年08月13日

畑の肉で、元気回復!がんもどきの簡単レシピ!

こんにちは。
やまのぶー子です。

今年の夏は本当に、本当に暑い!!
あまりの暑さにクーラーの温度を下げ、過ごす。
そのあと、外にでて、また、クーラーの中に戻る。
といった日常で、すでに夏バテ気味で、ごはんをあんまり食べられない!
というお客様のお声をよく聞きます。

ぶー子も同じくちょっとお疲れ気味です。

でも、主婦はこういうときこそ、夕ご飯の腕の見せ所です!
今日も身体にいい料理レシピをご紹介します!

「がんもどきと野菜のさっぱり和え」


材料 (1人分)

がんもどき 1個
サラダごぼう1/2本
おくら 2本
塩 小さじ1
みりん 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
さとう 大さじ1


作り方
1 がんもどきを薄切りにし、フライパンで炒めます。
表面がカリッとしてきたら、みりん、しょうゆ、さとうを入れよくまぜあわせます。



2 沸騰したお湯の中に、食べやすい大きさに切ったごぼうを、塩と一緒に入れて柔らかくなるまでゆでます。


3.おくらは、面取りなどの下処理のあと、塩を入れて沸騰したお湯で軽くゆでます。

4最後にすべてまぜあわせたら、出来上がりです。


甘辛のがんもどきに、さっぱりとした、野菜!
まるで、ベジタブルスティックをつまんでいる感覚です。

がんもどきの大豆は、国産の(フクユタカ)を100%使用しています。

野菜等の原料も全て国産です。


さらにこだわりがあり、揚げ油は、非遺伝子組換のオーストラリア菜種を日本で搾油した物です。
その中でもさらに、一番絞りですから美味しく揚がっています。


実際開封した際にも油っぽさはなく、匂いもありません。

がんもどきは、畑の肉と呼ばれるくらい良質なタンパク質がしっかり入っています。


毎日少しずつ食べておくことにより、ビタミン、ミネラル、食物繊維もしっかり吸収できます。

真夏の食欲の出ない時期でも、一品で簡単に栄養が補給できるのはありがたいですね。


ぜひ、安心、安全ながんもどきで厳しい夏を乗り切りましょう!  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ