2017年02月27日

春の生わかめ簡単サラダ

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は春を感じる“生わかめ”をつかったサラダレシピです。

「生わかめとアボガドのサラダ」


材料   3人分

生わかめ お好み量
(店頭で「湯通し」や、「そのままサラダや酢の物でお召し上がりしただけます」と書かれているものはさっと水洗いだけで使っていただけます)
アボガド  1個
ミニトマト  5個
(普通サイズのトマトでもOK。その場合はサイズにより半分~1個)
マヨネーズ 大さじ5
ねりごま  小さじ2

作り方

①生わかめを食べやすい大きさに切って、沸騰したお湯でさっと茹でます。
色が鮮やかな緑に変わればOKです。食感が悪くなるので、茹ですぎ注意ですよ。


②アボガド・トマトも一口大に切っておきます。


③マヨネーズとねりごまを混ぜ合わせます。


④最後にすべてを混ぜ合わせたら出来上がり。


彩りよく、しゃきしゃきワカメに、
マヨネーズのまろやかさと練りごまのコクが
からんだウマウマのサラダです。
練りごまがなければ、すりごまとマヨネーズでもOK.
もっとさっぱり食べたい場合は、マヨネーズにポン酢を混ぜたドレッシングでも合いますよ♪
缶詰のホールコーンを足すとより色どりも華やかに!
店頭に並び始めた新玉ねぎのスライスをプラスしてもいいですね~
釜揚げしらすを入れてるのもグッドですね♡


生わかめには食物繊維が多く含まれています。
そのため、腸の働きを助けてくれます!


ワカメのヌルヌルしたヌメリのもとに、
アルギン酸とフコイダンという成分が含まれています。

アルギン酸は、ナトリウムを体外に排出する働きをしてくれるので
血圧の上昇を抑えることに役立ちます。


また血液中のコレステロールの上昇を抑える働きや、
腸内細菌のバランスを整え、体内の有害物質を外へ排出してくれます。

フコイダンという成分は
血栓予防作用や、コレステロール低下作用、抗ウイルス作用、
免疫細胞の活性を高め、がん予防に効果的です。

そのほかにも、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれている、生わかめは
美容や健康におススメ!


カロリーが低めで、おなかが膨れやすいので、
ダイエットにもおススメです。

ぜひ、お味噌汁以外にも、色々なお料理につかってみてください。  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ

2017年02月13日

風邪、高血圧の予防におススメのいよかんレシピ

こんにちは。
やまのぶー子です。

今日は、花粉症の症状悪化も抑えてくれる、“いよかん”をつかったスイーツメニューをご紹介します。

『いよかんピールチョコがけ』


【材料 (1人分)】
いよかん皮  1/2個分
グラニュー糖  大さじ2
チョコレート  50g

【作り方】
①いよかんをむいて、皮だけにします。


②皮の内側の白い部分をよくそぎ落とします。
③②を細切りにします。


④沸騰したお湯に③をさっといれて、湯きりします。
⑤④を冷水に30分つけます。
⑥④と⑤の作業を繰り返し、3回ほど続けます。 


⑦フライパンで⑥を乾煎りし、水分が蒸発してきたら、グラニュー糖をまぶして少し加熱します。





⑧⑦を溶かしたチョコレートに混ぜ、冷やしたら出来上がりです。


いよかんの中身は、とってもみずみずしくて甘いので、
そのまま食べていただくのがおススメです。
ピールを作る際、白い皮の部分が残っていると
苦味がでるので、しっかり取り除いてください。


チョコレートの甘さ、いよかんの酸味の相性がよくて
洋酒や、ブラックコーヒーにピッタリです。

この『玉井さんちの 宮内いよかん』は
愛媛県 松山市から届いています。


生産者の玉井さんは、『万田酵素』という
光合成を活発にして、植物の持つ
本来の生命力をひきだしてくれる酵素です。


その原材料は、黒砂糖をベースに、
果物類、穀類、海草類など、約50種類の原材料を使用し、
発酵菌による栽培、発酵を重ね約3カ月をかけて、熟成された酵素なんです。

そのため、旨味がぎゅっとつまった、いよかんになっています。


いよかんには、とてもたくさんのビタミンCが含まれています。いて、
毛細血管の壁を強くし、高血圧の予防や治療によいといわれています。

寒い季節には、ぜひ食べていただきたい果物です。
家族みんなで、こたつでいよかん!です。
  


Posted by やまの ぶー子さん  at 09:00レシピ